カテゴリ:音楽、映画( 23 )

皆さん、こんにちは!!!

いよいよ11月、今年も後2か月ですね。
(〃⌒ - ⌒)/

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

今日もシンガポールのお話ですみません。

毎回毎回昔の話で恐縮です。
Σ(|||▽||| )

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


シンガポールに住んでいた時、

1件の素敵なライブハウスを見つけ、

週末はよくそこに音楽を聞きに行っていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


そのライブハウスは30代、40代の地元男性で構成されたバンドが、

エアロスミスやクィーンなどのメジャーな曲のコピーを

まったりとした感じで演奏するのです。
(〃⌒_⌒)/ リラックス


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


そのうちバンドの人たちと顔見知りになりました。

演奏の合間にお話しをさせてもらうこともよくありました。

ある日、こんな質問を彼らに投げかけてみました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


「自分達で作った曲は演奏しないの?」


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


演奏技術のある方々だったので、

オリジナル曲のレパートリーはある程度あるはずです。

いつも誰かのコピーでは飽きるのではないかと思い、

失礼を承知で、思い切って聞いてみたのです。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


すると

「シンガポールはね、人口が少なく(450万人ほどです)音楽市場が小さいんだよ。

だからオリジナル曲を出しても、たいしてお金にならないんだ

という答えが返ってきたのです。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


(● ̄  ̄●) ホ~

「おもしろいな」と思いました。

ハングリー精神がある日本人の中には、売れなくても、オヤジになっても、

自分で作った曲を演奏し続ける人達がいます。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


一般的にシンガポール人は

どこか守りに入っているような印象がありました。

国民全体がいい意味でも、ときに逆の意味でも 「優等生」 という感じなのです。

生活が困窮するというリスクを冒してまでも、

内から湧き出る想いを音楽で表現したいという人は、少ないのかもしれません。

(o・ω・o)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


そういえば、

刑事ドラマの主役をはり、

シンガポールで人気No.1と言われていた俳優をテレビで見なくなったので、

「最近あの俳優どうしたのかな」と職場の同僚に聞いたところ、

「俳優やめて銀行に就職したよ」

と言われたまげたことがあります。
\(● ̄  ̄●)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


シンガポールは優れた政治リーダー達に恵まれ、

日本が見習うべき点がたくさんある都市国家である一方、

文化、芸術、スポーツ面など経済以外の部分の発展はこれからかもしれません。

オリンピック卓球でメダルを獲るなど、国の力の入れ方も変わってきたように聞きます。
( 。 ・ω・ 。 )ノ コレカラヨ!


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


一方、災害や不景気で混沌とした中にありながらも、

さまざまな芸術文化が育つ日本は、ある意味でおもしろい国だと感じます。
(● ̄  ̄●)



by alice_english | 2012-11-02 00:03 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

ポール・マッカートニー

皆さん、こんにちは!
(〃⌒ - ⌒)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


4年に1度のオリンピックが盛り上がっていますね。

日本選手の活躍も期待されます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


開会式もイギリスの歴史がふんだんに盛り込まれたおもしろい内容でした。

北京オリンピックの直後に

「ロンドンの開会式は簡素にする。」
と言っていましたが、

確かにあまり派手ではない印象でした。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


開会式の最後に元ビートルズのポール・マッカートニー

「ヘイ・ジュード」を歌いましたね。

a0217661_11305227.jpg



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私はビートルズは大好きなのですが、

長年ポールにはあまりいい印象を持っていませんでした。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


なぜかというと、


●ヒットを意識した曲作りがたまに感じられる。←素人がエラそうにすみません


●どこか冷たそう。


●公演で来日した時、成田空港で違法薬物所持でつかまり、釈放された後、

「日本は薬物に関しての法律を見直すべき。」と、トンチンカンなことを言った。


● "Frozen Jap"(凍った日本人)という逆ギレ?ともとれる曲を発表した。

(後のインタビューでポールは「"JAP"に蔑称の意味はない。」と言っていますが)


●長く連れ添った奥様リンダさんが乳がんが亡くなった後、 自分よりずっと若い女性と2度再婚。
 

加藤茶みたいでイヤ。
Σ\(  ̄ー ̄ ;) ヨケイナオセワ?


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ポールとジョンは何かと比較されることが多かったですが、

私はジョンのエキセントリックでいて、優しい歌に惹かれます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ロンドン五輪の開会式に出てきたポール。

まさか最後の最後の、あんなおいしい場面で歌うとは思っていませんでした。

ポールももう70歳…。

ジョンもジョージもこの世にいない・・・。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


生きているビートルズが生で歌っている姿をTVで観れる、

何だか急に「神様、ありがたや・・・」という気持ちになり、感極ってしまいました。
( ´_`。 )

イントロ部分で音が二重に流れてしまいましたが、

ポール自身が、口バク(lip-synch)ではなく、生の歌声にこだわったための

アクシデントだったと聞きます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


自国開催のオリンピックで、

世界中の誰もが知っている持ち歌をソロで披露することができる、


こんな華々しいセッティングを用意してもらえるミュージシャンが、世界に何人いるでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


「ポールは『スーパースター』と呼ばれることがあまり好きではない。」

と以前読んだことがありますが、

彼はやはり世界が認める偉大なスーパースターなのだなぁと、思わずため息が出てしまいました。
(● ̄  ̄●)



by alice_english | 2012-07-31 00:36 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

ルパン三世シリーズ

こんにちは!
♪(* ̄∇ ̄)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


先日、

生徒のH君が英検2級に合格しました。

大学生生徒Yちゃんの就職が決まりました。


いいニュースが2つもあって、うれしいなぁ。
( ´_`。 )

2人とも、おめでとう!!!
ヽ( ̄▽ ̄) ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今日のトピックもアニメについてです。

アニメに興味ない方、いつもお付き合いくださり、ありがとうございます…。


先日の小学2年生女の子生徒の授業中のことです。

生徒が家族でカラオケに行った話をしてくれました。
(* ̄∇ ̄*)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「あのね、お父さんはエグザイル、お母さんは○○←忘れました

おじいちゃんはプリキュア、私はルパン三世を歌ったの。」

Σ(・ω・ノ)ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


お父さんのエグザイルは分かりますが、

おじいちゃんのプリキュアと、小学2年女子のルパン三世とは一体…。
(● ̄  ̄●) オジイチャン…



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



「え、どうして○○ちゃんがルパン三世の歌を知ってるの?」


生徒
「だって好きだもん。」



「ふぅん、そうなんだ、私も好きだよ。」


生徒
「ウソだぁ。」



「ホント、ホント、DVD持ってるよ。」


生徒
「えぇ、大人がルパン三世のDVDなんか持っているわけがないよ!」



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


それが、あるのですよ、うちに。
(● ̄  ̄●)v

ルパン三世のDVDボックスが。どうよ。←小学2年生とはりあってどうするのでしょうか
a0217661_23254290.jpg


TVシリーズ1~3作と映画が数本入っています。
♪(* ̄  ̄)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ルパン三世大好きです。

私がルパンの魅力にひきこまれたのは、

TVシリーズ第1作を観た時です。

(4回TVシリーズ化されています。)
a0217661_1281724.jpg



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


主要登場人物の魅力もさることながら、

世界を飛び回る、ルパンの話はとても国際色豊か。

(〃⌒ - ⌒)/

有名な観光地がたくさん出てきたり、

東西冷戦時代を思い出させる、

「西側、東側」という表現がたまに出てきたり、ちょっと勉強になることもあります。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


一度、銭形警部が

イスラエルの空港で、

「エジプトに行く飛行機をとってくれ。」と言った時、

空港の人が、

「ここはイスラエルです。アラブに行く飛行機が出るわけないでしょう!」

というシーンがあります。


子どの時は、飛行機とはどの国の間も自由に行き来できるものだと思っていたので、

この場面は心に残りました。
(● ̄  ̄●)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ところで、最近放送されたTVシリーズ

「峰フジコという女」は岡山では放送されませんでした。
Σ(|||▽||| )

インターネットと細々と観ましたが、かなり原作に近い、ハードな絵柄でした。

あまり私の好みではなかったかも。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


生徒
「先生は、ルパンとフジコどっちが好き?」


「う~ん、難しいな。私は五右衛門かな?」


生徒
「五右衛門?えぇ、どこが好きなの???」



小学生には五右衛門のシブさは理解できないかもしれません。
(  ̄∇ ̄ ;)/
a0217661_1284525.png



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


そういえば、以前高校生生徒が、

「ルパンはアニメとしてはもう古いかも。」と言っていました。

なぜ小学2年生の生徒がルパンの歌を知っているのかな。
( 。 ・ω・ 。 )ノ ?



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2012-07-22 00:03 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)
こんにちは!

今日は日本のアニメについて、書いてみたいと思います。
\(* ̄∇ ̄*) アニメズキデス

※注 ネタバレがあります。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今日紹介するアニメの共通点、

それは、主要登場人物が、最後(最終回)に亡くなってしまうということです。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「鉄腕アトム」

手塚治虫 作 

a0217661_23162162.jpg



この作品は3回ほどTVアニメになっています。

1作目の最終回で、

地球の危機を救うため、アトムは一人でカプセルを抱えて太陽につっこんでしまうのです。

宇宙から地球を振り返りながら、

「あぁ、地球は綺麗だなぁ。」というアトムのセリフが涙を誘います。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「あしたのジョー 2」

梶原一騎原作
ちばてつや画

a0217661_16454452.png


ジョーは重症のパンチドランカーでありながら、

世界チャンピオン ホセ・メンドーサとの試合に向かおうとします。

ジョーに想いをよせる葉子さんが

「あなたはパンチドランカー。この世で一番愛する人を、リングにあげることはできない。」

と涙ながらに訴えるシーンが印象的です。
Σ(・ω・ノ)ノ ナント


最終ラウンドまで闘いぬき、意識を失ったジョーが、

亡くなったのかどうかは、人によって解釈がバラバラのようです。
(● ̄  ̄●)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



「スカイクロラ」

押井守 監督

a0217661_23305230.jpg



戦争がショーとなった時代に

闘い続けることを運命づけられた主人公の少年。

ほぼ負けると分かっていながら、無敗の敵に勝負を挑んだものの、

少年が戻ってくることはありませんでした。

ストーリーの分かりにくさから、

好みが分かれるかもしれませんが、音と映像が非常に綺麗な映画です。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「新巨人の星 II」

梶原一騎原作
川崎のぼる画

a0217661_231807.jpg


星飛雄馬も大人になりましたねぇ。
(* ̄  ̄)/


最終回で飛雄馬のお父さん、星一徹が亡くなります。

同じ日に、明子姉さんが子どもを産むシーンが感動的でした。

明子姉さんのだんなさんは、

何と、飛雄馬の元ライバル、花形満です。
Σ\( ̄ー ̄;)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「11人いる!」

萩尾望都原作
a0217661_2331086.jpg




宇宙アカデミーの入学試験に臨んだ10人の志願者。

最終試験は、外部との連絡を完全に断たれた宇宙船の中で、

53日間過ごすというミッションでした。

しかし、そこにはいたのは、なぜか11人の志願者。

ニセモノは誰か。誰かがウソを言っているのです。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



原作がしっかりしていて、とてもよくできた映画だと思います。

深く心に残る作品ですが、ラストで教官が殉職してしまいます。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「鉄腕アトム」「スカイクロラ」 「11人いる!」

海外でもコアなアニメファンの間で親しまれている作品ですが、


「どうして日本のアニメって、いつも最後に人が死ぬの???」


と、あまりその部分の評判はかんばしくないようです。
(  ̄∇ ̄ ;)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


そこには 自己犠牲を美徳とする日本文化と、

ハッピーエンドを好む海外の傾向とにずれがあるのかな


と、感じたりします。


皆さんはどう思われますか。
(● ̄  ̄●)ノ



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2012-07-01 00:13 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

日本女性の変化

こんにちは!!!

週末をいかがお過ごしですか。
(* ̄∇ ̄*)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

AKB48の総選挙が無事終わりましたね。

皆の予想通り大島優子さんが1位でした。

2位が渡辺麻友さんだったのは、ちょっと意外ですね。
(o ̄∇ ̄o) ウレシイケド

--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

このAKBの総選挙を見ていて、

何となく時代の変化を感じます。

アイドルが自身の人気に関して、

公の場で感情をあらわにすることは、一昔前なら考えられなかったように思うのです。



昔から賞レースというものはありましたが、

タレントさん達は、TVの中ではもっと感情を抑えていたように思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

スポーツ選手などもそうですが、

控えめと言われていた日本女性が、

「私は一番になりたい。」とはっきりと言う時代に変化したのかもしれません。

(● ̄  ̄●)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


思い返すと、昔のタレントさんの中には、

(ひょっとして今もかな?)

なぜ芸能界に入ったのかを聞かれ、

「弟(または友達)が勝手に私の写真をオーディションに送ったんですぅ。」

という風に答える人が少なくなかったと思います。
Σ(・ω・ノ)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私はそういった答えを聞くたびに、

「弟が勝手に申し込んだんだから、私は知らんわ。」と言って、

オーディションに行かなければいいのになと思っていました。
♪(* ̄∇ ̄)/ ワタシイカナイモン

本人には欲がない中、

周りに盛りたてられながら、成功の階段を上がっていくことが、

美徳とされる時代だったのでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

対照的に

中森明菜さんという歌手は、

「スター誕生」というオーディション番組に、

何回も落ちたことを自身が告白しています。

落ちたシーンがTVで放映されても、負けずにチャレンジし続ける。

不屈の精神を感じ、思わず応援したくなります。
(● ̄  ̄●)q


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

今は休業している明菜さん、復活が期待されます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

ところで、このブログは回顧録のような内容が続いていますね。
(  ̄∇ ̄ ;)/

次回は英語のことを書きますね。

よかったら次回も遊びにきてくださいね。
(● ̄  ̄●)v


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2012-06-10 00:05 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

AKB48

こんにちは!
(〃⌒ - ⌒)/

*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


今日は総選挙を前にますます注目を集めている

AKB48について書いてみたいと思います。


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


とは言っても、

私はAKB48の一人一人に詳しいわけではありません。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)


顔と名前が一致するのは、

渡辺麻友さん (とっても可愛いから)

板野友美さん (個性的な雰囲気を持っていらっしゃるから) 

くらいです。
(● ̄  ̄●) ゴメンナサイ


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


しかし、不動の人気は目をひきます。

AKBが興味深いことの1つに、

彼女達が多くの海外のファンを獲得しているということがあげられます。

( 。 ・ω・ 。 )ノ


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


欧米は一般的に、女性シンガーに女性らしさや大人っぽさを求めます。

一方、AKBの踊りや歌を見て色っぽいと感じる人は、

あまりいないのではないでしょうか。


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


しかし、大人の私でも、

彼女達のパフォーマンスは 文句なしに可愛いと思います。

技術的なことは分りませんが、

大勢の若い女の子がめいっぱいの笑顔で飛び跳ねる姿は、

目がはなせなくなることさえあります。


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


以前から日本の「カワイイ」文化が

海外の一部でウケているように、

彼女達の愛くるしさ、パワーは国際的に理解される

個性やインパクトを持っていると思います。



*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


韓国がK-POPや韓国ドラマを通して、

韓国製品の販売促進をしているのは有名な話ですが、

日本でもAKBを使った戦略がちょっと見えるような気がします。
♪(* ̄  ̄)/


*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


着物や茶道だけがJapanese (日本的 )ではない、

アニメと同様、アイドルは一つの文化として

今後も根強い人気を誇っていくのではないでしょうか。



*:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:;;;:**:;;;:*:


そういえば、高校生の男子生徒に以前、

「○○君もAKBが好きなの?」と聞いたところ、

「ぼくは 新垣結衣 一筋です。」

という答えが返ってきました。

皆が皆、AKBを好きというわけでもないのかな。
(  ̄∇ ̄ ;)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2012-05-26 00:17 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)
こんにちは!

4月に入りました。新しい年度も頑張りましょう!
ヽ( ̄▽ ̄) ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


現在公開中の映画

「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」を観てきました。

イギリスで1979年より11年間、

首相を務めたマーガレット・サッチャー女史の物語です。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


信念を持って闘う政治家、サッチャー氏の活躍も見どころですが、

それを支える夫や子ども達の愛や葛藤にも心打たれます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


評判通り、主演のメリル・ストリープさんは素晴らしかったです。

老女となったサッチャー氏と政治家時代のサッチャー氏を、

見事に演じ分けています。

彼女のダイナミックで細やかな演技に何度も息をのみました。
(o`・ω・´o)。*


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


これからこの映画を観る人は、


・現在サッチャー氏は認知症をわずらっている。

・サッチャー氏の夫は既に亡くなっている。


という事実を知った上で鑑賞しなければ、分かりにくいかもしれません。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ところで、この映画では、

アメリカ人のメリル・ストリープさんが

イギリス人のサッチャー氏を演じているのですね。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


アメリカとイギリスでは、言葉の壁がないからなと思いきや、

アメリカは、非英語圏を舞台とした英語のセリフの映画を

何本か作っていることを思い出しました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


・SAYURI

・マリー・アントワネット

・シンドラーのリスト

.ラスト・エンペラー (これは英・中・伊合作です)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


すぐに思いつくのはこれくらいですが、

映画館で、

「なぜマリー・アントワネットが英語を喋っているんじゃ。」
?(・▽・*) ホワイ

と、ちょっとだけ違和感を感じたことを覚えています。
(* ̄  ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


しかし、世の中がさほどツッコミを入れないところをみると、

英語は広く浸透している言語なのだ

と改めて感じます。
(● ̄  ̄●)ノ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2012-04-02 00:10 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

唸る映画を観ました

皆さん、こんにちは!
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


先日、友人が「ぜひ観てみて!」

DVDを貸してくれました。
ヽ(=´▽`=)ノ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


「十二人の怒れる男」

ヘンリー・フォンダ主演、

アメリカのモノクロ作品です。
a0217661_115862.jpg



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


舞台は1955年のアメリカ、

スラム街の少年が起こしたとされる殺人事件での裁判、

有力な証言がそろい、

有罪を信じて疑わない11人の陪審員に向かって、

勇気ある1人の陪審員が、疑問を投げかけます。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*


有罪の裏付けがどんどんと覆される展開に、

ひたすら引き込まれました。

ラストは

「なるほど、こうくるか。」と思わず唸ってしまいました。
(* ̄∇ ̄*)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


古い映画なので、

今の陪審員制度と異なる面を持ち合わせています。


①陪審員が全員男性である

②陪審員が全員白人である

③審議の中で、タバコを吸いまくる
(  ̄∇ ̄ ;)プハ~


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


1900年代を通して、

強く残ったアメリカ社会のさまざまな差別。

この映画は、

その偏見や思いこみに、多角的に斬りこんでいます。

1950年代に、こんな映画が存在していたことは、小さな驚きでした。
Σ(・ω・ノ)ノ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


ところで、映画には面白い表現がいくつか出てきました。

例えば、

play charade
(実際のシャレード以外の)お遊び、ゲームをする


"Who's done it?"

直訳すると「誰がやったの。」ですが、

「探偵小説」という意味です。
♪(* ̄∇ ̄)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


この映画は、ほぼ全編が室内で撮影されています。

後で知りましたが、

評決モノの先駆け的な作品なのだそうです。

ご覧になったことがない方、お薦めです!!!
( ´ ▽ ` )ノ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


日本映画 「キサラギ」

小栗旬さん主演です。

a0217661_1203967.jpg


こちらも、室内での謎解きストーリーです。

小さな劇場で上映されることが多かったようですが、

かなり高評価を得た作品です!
♪(* ̄  ̄)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2012-02-11 00:05 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

辻井伸行さん

こんにちは。

お元気ですか。
(〃⌒_⌒)

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


皆さんはクラッシック音楽は聴かれますか。

個人的なことで恐縮ですが、

私はクラッシックピアノの演奏を聴くことが、大好きです。

時間が許せば、演奏会に出かけます。
♪(* ̄∇ ̄)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。

来年1月、岡山に辻井伸行さんが来られるとのことで、

チケットセンターに問い合わせをしたのですが、

残念ながら、発売と同時に完売とのことでした。

すごい人気ですね!
( ≧艸≦ )

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


辻井伸行さん、

日本人で初めてヴァン・クライバーンピアノコンクールで優勝し、

現在脚光を浴びている方です。

国内外で演奏活動を活発に行っています。

(辻井伸行さん)
a0217661_23201866.jpg



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


私はヴァン・クライバーンコンクールのドキュメンタリー番組をTVで観て、

たちまち彼のファンになりました。
(o`・ω・´o)。*

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。

コンクールの最終選考に残った6人は辻井さんを除いて、

全員英語を話します。


(6人全員が非英語圏のピアニストだったと思います)

皆、オーケストラとの意志の疎通を、難なくこなすのですが、

辻井さんだけは通訳を必要とするのです。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


しかし、辻井さんは言葉の壁を超え、

練習を通して、オーケストラとの心の距離を縮めていきます。

その過程で、何ともいえない音楽の味わいを感じました。

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


英語は世界の共通語、

音楽はもう1つの世界の共通語なのですね。

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


辻井さんの演奏、いつか生で聞いてみたいです。
p(● ̄  ̄●)

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


そういえば、先日、生徒と岡山大学の過去問をやっていて、

辻井伸行さんに関する、こんな英作文が出題されていました。

(問題)

全盲ゆえの賛辞は、

実力を曇らす「2つ目のハンディ」だったかもしれない。

体ではなく音の個性が正当に評価された喜びは大きい。


(解答例)

The extra attention given to him because he was totally blind

might have been "another handicap" that might have prevented

people from appreciating his true ability.

The achievement was not due to sympathy for his physical condition

but because the unique charactor of his tone had been properly evaluated,

which made the joy all the greater.


ち、ちょっと難しいですね・・・。

中、高生の皆さん、英作文は、早いうちから訓練しておきましょうね。
(  ̄∇ ̄ ;)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです (。・ω・。)ノ
by alice_english | 2011-11-24 00:23 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(0)

名作マンガの色々

皆さん、こんにちは!!!

お元気ですか!

今日は英語とあまり関係のない話題で恐縮なのですが、

マンガのいくつかをとりあげてみたいと思います。

日本のマンガの多くは、海外でも読まれていますね。
♪(* ̄∇ ̄)/

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私の大好きなマンガ家、手塚治虫さんの作品、

「ブラック・ジャック」
a0217661_12325381.jpg


凄まじい医療現場と、人の心のからみに、胸が打たれます。

「う~ん、深い」と度々唸ってしまう作品です。

手塚作品はいつも、人間の綺麗な部分と醜い部分を、

さらりと描いているように思います。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


以前も紹介したことがあるのですが、

池田理代子さんの「ベルサイユのばら」
a0217661_10295417.jpg


フランス革命前期、運命に翻弄される3人の主役の生き方に、引き込まれます。

昔、夢中になって読みました。

やや昔風の絵なのですが、

池田理代子さんは「ベルばら」の連載中、

絵の基本を学びなおすべく、

デッサンの教室に通われたそうです。

なので、作品の中で、絵がどんどん進化していきます。
Σ(・ω・ノ)ノ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私はこの作品を読んで、フランス史に興味が持て、

世界史の点数が少し上がったような気がします。

(o ̄∇ ̄o)/ オススメデス

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

池田理代子さんは

「聖徳太子」も描いています。
a0217661_12345579.jpg


大変勉強になります。

ただ、聖徳太子の顔が、とてもホリが深く、イケメンに描かれており、

旧1万円札とのギャップは否めません。
( ̄▼ ̄|||)

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


中国史の代表作は、

やはり「三国志」ではないでしょうか。

傑作とうたわれている作品ですね。

これを読めば、

中国という国は、本当に早くから発展していたのだと感じます。
( 。 ・ω・ 。 )ノ
a0217661_12423755.jpg



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私が子どもの頃は、マンガは今ほど市民権を得ていませんでした。

「マンガを読んでいると頭が悪くなる」とも言われていました。
(  ̄∇ ̄ ;)/

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


しかし、今日挙げた作品の中には、

発表から30年以上経っているにも関わらず、

多くの人に読まれ続けているものもあります。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私は20年ほど前、

M.Yさんという日本の女流作家の小説を、読みあさったことがあります。

バブルの日本の中で、

華やかに活躍する登場人物達は、作品の中でとても輝いていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


しかし、時代が変わってしまった今、

彼女の小説はどこか色あせて見えます。
( ´_`。 )

増刷されることもなく、

古本として細々と市場に出回っている状態です。

振り返れば、「時代の寵児」と言える作家さんだったのかもしれません。
(● ̄  ̄●)

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


文学、マンガ関係なく、

長い時を経ても生き残るものこそ、

名作と言えるのだと思います。
( ´ ▽ ` )ノ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
by alice_english | 2011-10-03 12:57 | 音楽、映画 | Trackback | Comments(2)

岡山市中心部にある英語教室です。英語教育、過去の海外生活を通し感じたことなどを書いています。よかったら当校ウェブサイトもご覧くださいね。http://www.alice-english-school.com


by アリス・イングリッシュ・スクール