得意分野がある生徒達に対して感じること

こんにちは。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


大学入試改革に関するさまざまなニュースが連日飛びこんできます。

英語4技能のより効果的な指導を考えていかなくはなりません。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


一方で、抜きん出て得意な技能があるという人は、

これからも評価されていいのではないかと思います。

例えば、リスニングの点数がものすごく高い、読むスピードが速くて正確、

などという生徒は引き続き誉めていきたいです。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


10年ほど前に指導させていただいた高校生の生徒で、

現代文の成績がずば抜けていいという方がいらっしゃいました。

幼い頃から暇を見つけては本を読んでいたそうです。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


残念ながら英語の成績が国語に及ぶことはありませんでしたが、

常に言葉使いが美しく、人の気持ちを慮る素晴らしい高校生でした。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


もちろんバランスのとれた能力は大切かもしれませんが、

子ども達が持つ得意分野を称える姿勢を、大人達は失ってはいけないと思います。
( ⌒ - ⌒ )



[PR]
by alice_english | 2018-03-29 00:57 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://aliceeigo.exblog.jp/tb/238427780
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。