こんにちは。

またまた久々の更新になってしまいました。

すみません(汗)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

今日は不登校について書いてみたいと思います。

私は「不登校」や「発達障害」、「ひきこもり」に関する本はある程度読んでいますが、

決してその分野の専門家ではないので、読み苦しい点があればどうかご容赦ください。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

アリス・イングリッシュ・スクールでは、過去に何人かの不登校の生徒が学んでくれました。

現在も学校に行っていない生徒が英語や数学を学んでくれています。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

不登校の原因は本当にさまざまであり、生徒の個性も一人一人で大きく違います。

昔のように「気合で学校に行きなさい」という時代ではないことを痛感します。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

私が見させてもらった生徒に共通することに「自分を理解してもらいたい」という思いが、

強いということがあるのではないかと感じています。

心の傷みや葛藤、過去や現在の努力、将来への不安、

彼らなりにもがき苦しむさまに寄り添い、思いを共有することで、

生徒達との距離が近づく実感があります。

たとえ1日中部屋でパソコンゲームに没頭し、何も考えていないように見えても、

彼らがぽろっと心境を吐露する瞬間、抱えているものがあるんだと気付かされます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


不登校の子を迎えようと現場で奮闘される学校の先生には本当に申し訳ないのですが、

私は、行きたくない学校に行き、極度のストレスを感じたり、体調を崩すのであれば、

子ども達は無理をして学校に行かなくてもいいと思っています。

「学校は絶対に行かなくてはいけないものなのに、自分は行けていない」という思い込みが

子どもとその家族をますます追い詰めてしまうことになります。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


義務教育は基本的に授業に出席していなくても卒業できますし、

高卒認定試験に合格すれば、大学や専門学校受験の権利が与えられます。

何年か回り道をして社会に出ることは今の時代決して珍しいことではありません。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

そして、子どもは成長とともに必ず変化します。

今できないことが来年、再来年にはできるようになっているかもしれないのです。

過度の期待は禁物ですが、周りの大人は子どもの成長を信じ、

厳しくするべきところは厳しくしながらも、温かく寛容に見守るスタンスが大切ではないかと思います。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

半年前に入校した不登校の生徒が、

「最近自分でもメンタルの安定を感じる」と言っていました。

随分表情も明るくなったと思います。

彼は毎回スナック菓子のおみやげを買ってきてくれ、一緒に食べようと言います。

彼は学校以外の活動の場を見つけたのだと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


塾や家庭教師では学校の出席日数はつきませんが、

新たな人間関係を作る機会を与える意味ではいいかもしれません。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


一方、長引く子どもの問題を抱える保護者様の苦しみは一通りのものではありません。

「寛容に」と言われても腹が立って仕方ないこともあると思います。


保護者様は話をじっくり聞いてもらえる場所を確保したり、ときには思いきり好きなことをし、

悩みの吹き溜まりに落ちてしまわないよう、ご自身のケアにも励むことが必要だと思います。

状況はいつか必ず変化するのだということを忘れず、どうか決して諦めないでください。
[PR]
こんにちは!

早いものでもう新年度。

皆さん、よい1年にしましょうね。
o(⌒ー⌒)o


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

さて、この4月から

「高校の英語の授業は英語で行う」という新学習指導要領が実施されるそうですね。

現場の先生方も混乱されているようです。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

むむむ、これはどうなのでしょうか。

ある一定以上の英語レベルを持つ生徒達にとっては、いいことだと思いますが、

普通の高校生が複雑な高校文法を英語で説明されて分かるものなのでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


例えば

「関係代名詞と関係副詞の違い」

「仮定法過去完了の倒置」

「独立分詞構文」


などは日本語で説明されても理解しづらい分野です。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


大学入試は依然として長文読解や文法に特化する中、

高校の授業形態が大きく変わってしまっては、

高校生や高校の先生が板ばさみになってしまうように思います。
( o*・ω・ )o


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


また、

日本人が英語を話すことを苦手なのは、

喋る機会が少ないからではないでしょうか。

先生方の英語を喋る時間が増えたところで、

一般の生徒にはあまりメリットがないように感じます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


高校生が英語に触れる機会を増やしたいのであれば、

読解や文法とは別に、少人数制の会話の時間をしっかりと設けるべきだと思うのですが。。。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

もう1点普段から感じていることがあります。

「日本人は英文法に特化しすぎ」と言われながらも、

高校文法レベル、もしかしたら中学文法の上級レベルになると

完全ではないという人がほとんどではないでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

苦手とされている「喋る」「聞く」以外の分野、

例えば「文法」や「読解」「語彙」なども、

まだまだ改善すべき点があるように感じます。

要は英語学習全体の底上げが必要だと思うのです。。。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


長々と生意気にすみません。

皆さんはどう思われますか。
(● ̄  ̄●)ノ
[PR]
こんにちは!

すっかり春らしくなりましたね。
♪(* ̄∇ ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

小学生の時から指導させてもらっている生徒二人がこの四月大学に進みます。

一人は県内の大学に入学するため、継続的に習いに来てくれますが、

もう一人は関東に行ってしまうため3月でお別れです。

さみしいものです。
(´_`。)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

最近多くの大学では、

英語授業での学生のレベル分けのため、

新入生に入学前後にTOEICの試験を課しているようです。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

生徒の一人がいく大学では、

TOEICではなくTOEFLを課すそうです。

TOEFLはTOEICより若干難易度が高いので、

慣れていないと本当に大変だと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

そういえば今月ネットでこんな記事をみつけました。

            ↓

自民党の教育再生実行本部(遠藤利明本部長)が

国内全ての大学の入学試験を受ける基準として、

英語運用能力テスト「TOEFL(トーフル)」を活用する方針を固めたことが20日、分かった。

月内にまとめる第1次報告に明記し、夏の参院選の政権公約に盛り込む。

対象は、全ての国公立大学と私立大学。大学の学部ごとに点数基準を定め、

クリアした者に受験を認める。

たとえば、東京大学文科一類(主に法学部に進学)の受験資格は

「TOEFL○○○点以上を獲得した者」と定め、公表する。

点数基準は各大学に自由に定めさせる。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


むむむ、TOEFLは大学受験と傾向が違うので、

受験生の負担が増えそうですが、

「日本の国際化」や「学生の将来に向けての利益」という点では、

いいことかもしれません。
(● ̄  ̄●)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


日本の教育課程で英語の重要性は年ごとに増していっており、

国際化の波の中で「母国語重要論」はなぎ倒されていっているように感じます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

もちろん日本語の能力の低い人が、難しい英語を理解したり喋ったりすることは

まずあり得ないことだと思います。

学生達が当たり前のように日本語英語両方の高い能力を

求められる時代になったということなのでしょうか。
( 。 ・ω・ 。 )ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

国公立大学の合格発表が各大学で行われているようですね。

うちの生徒は晴れて合格していました。

これで今年の大学入試は全て終わりました。

生徒の皆さん、お疲れ様でした。
(● ̄  ̄●)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


願いが叶わず不合格だった方、残念でした。

後期試験まで頑張る方、第2、第3、第4志望の大学に進む方、

浪人を決めた方、さまざまだと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


大学受験の失敗は18歳の高校生にとって、大きな挫折だと思います。

今苦しみに押しつぶされ、未来に希望が持てない方もいるかもしれません。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

しかし、そもそも大学とは何をしに行くところなのでしょうか。

極論かもしれませんが、純粋に「学びたい」という気持ちがあれば、

「どこにだって行きます、大学に行けるだけで有難い」

という思考になるものではないでしょうか。

( o*・ω・ )o



同じ名前がつく学部学科でも
大学によってカリキュラムの内容やレベルが違うのは十分あり得ることですが。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

全く志望していなかった大学に行くことになり、

周りの学生の学力の低さに愕然とすることもあるかもしれません。
(; ̄ェ ̄)

その時あなたは「職人」のようにストイックに、

一人黙々と勉強すればいいと思います。

首位の成績を保てば就職活動の際、大学から推薦をもらえるかもしれません。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


学校のカリキュラム以外では

履歴書に書ける資格をとりましょう。TOEICのスコアを伸ばしましょう。

ボランティア活動に励みましょう。

努力の経験は3年後の就活に必ず生かされます。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


大学名でスクリーニングをする企業も確かにありますが、

大学名を問わない、

もしくは学生に対して、大学の偏差値や環境に押しつぶされることのない

忍耐力、行動力、意志力を求めている企業も少なくないのです。
(● ̄  ̄●)q


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


「最終学歴は一生ついてまわる」と今回の受験結果に意気消沈している方々、

それではお尋ねします。

今回もし第一志望の大学に合格していれば、

その大学名を一生印篭のように振りかざしながら生きていくつもりだったのですか。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


それはそれでかなりイタイ人のように思います。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)

今回の受験でよい結果が出ている人も、そうでない人も、

これから幾度となく訪れるであろう苦難を乗り越えながら、

人生をより意義深いものにしていってほしいです。

夢は決して捨てないで、頑張りましょうね。
(● ̄  ̄●)ノ
[PR]
こんにちは!

今日も訪問してくださり、ありがとうございます!


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


今日から3月ですね。

旅立ち、別れの季節です。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


岡山県の多くの高校では本日卒業式がとり行われました。

小学校の時から英語を学んでくれていた生徒数名が卒業です。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


彼らがアリス・イングリッシュ・スクールに入ってくれた時は、

まず英語の楽しさを分かってもらおうと、地球儀を見せながら、

英語が通じる国がたくさんあることを説明したりしたものです。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


授業に「四字熟語」「論語」も取り入れたり、

日本語の作文の宿題を出したり、

英語の上達には欠かせない国語力の強化にも力を入れる余裕がありました。
( ´ ▽ ` )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

しかし、大学受験に照準を合わす高校生になって以来、

楽しんでばかりもいられなくなり、

「この構文は模試に出るから絶対に覚えるように!!!」

などと我ながら寒々しくなるようなことを何度も言ってしまうのでした。
(; ̄ェ ̄)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


「試験のために語学を学ぶ」

何だかなぁ。。。と思う人も少なくないのではないでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ただ、日本の受験英語が無駄かと言うと、決してそうではありません。

中高英語には英会話を進める上で重要な文法や語彙のほとんどが含まれているので、

中高の基礎なくてして英語を操れるようになるのは難しいと思います。

( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


受験のプレッシャーの中、楽しいながらも苦しかった高校3年間の課程を終え、

生徒達は羽ばたいていきます。

学んだことを生かしながら定見を持った大人へと成長していってくださいね。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


全国の高校生の皆さんも3年間お疲れ様でした。

そして、卒業おめでとうございます!!!
( ⌒‐⌒ )/
[PR]