こんにちは。
(〃⌒_⌒)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ここ数年の傾向として、アリス・イングリッシュ・スクールに、

英検3級以上を取得されている小学生の方の入会が目立ちます。
Σ(・ω・ノ)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


本校のような個別指導教室で基本を徹底的に復習しながら、

より上の段階に進ませたいと保護者の方々がおっしゃるのです。

つまり、基本の一部を忘れてしまっているということです。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


先に進んでいくうちに、最初の頃に習ったことを忘れてしまうのは、

どうしても仕方のないことです。

どの科目でも後戻り学習は必要です。
o(*⌒―⌒*)o


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ましてや、本格的な英語授業を行っている小学校は少ないので、

算数のように学校と塾の両方で、予習復習を繰り返しながら、

力をつけていくということが難しいのではないでしょうか。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


仮に本格的な英語の授業がある小学校でも、

英検集中講座のようなものであることが多く、

中学の授業のような、文法を深く指導することはない印象です。

本当の意味での積み重ね学習とはちょっと違うのかなと、

生徒達の話を聞いたり、ネットを見ていて感じることがあります。

(あくまで私の狭い知識での話なので、間違っていたらすみません。。。)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


なので、英検3級や準2級を取得している小学生の方でも、

中学1年生の文法問題集をやってみたところ、

ぽろぽろと間違えてしまうというのは、

決して珍しいことではないようです。
(● ̄  ̄●)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ところで、国立大学2次試験や英検準1級くらいのレベルに

対応する場合、

「語彙力だけでは不十分、確実な文法力が必要」

というのが今まで指導した生徒達の間で一致するところです。

私自身も英語長文や論文を読む際、

文法力を頼りに読んでいると言っても過言ではありません。

英文法は実践英語で本当に必要だと思っています。
(o`・ω・´o)。*


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ましてや、将来大学受験を経験するこれからの小学生には、

英検のマークシート学習に特化するあまり、

英文法や記述問題軽視、長文のななめ読みの癖を、

決してつけるべきではないと考えます。

後々の誤訳の原因になってしまうと思うのです。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ただ、

英文法学習やじっくり英文を読むことが苦手、

または退屈だと感じる小学生が

少なからずいることも事実です。

文法学習を無理矢理続けることによって、

「英語が大嫌いになってしまった」ということになってしまっては元も子もありません。
( ´_`。 )

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


また、文法を深く勉強しない方法でも、

「英検合格」というはっきりと形として見えるものが手に入ることによって、

どんどんやる気が出るというタイプの小学生もたくさんいることでしょう。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


小学生の間は生徒の性格や得意・苦手分野を十分に考慮し、

保護者様の話をじっくり聞いた上で、さまざまな要素をすり合わせていくことが

重要なのだと強く感じる今日この頃です。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


長くなってしまい申し訳ありません(汗)

皆さんはどう思われますか。
( ´ ▽ ` )ノ
[PR]
こんにちは。
(〃⌒ - ⌒)/

--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

国立大学前期2次試験が終わりました。

受験生の人達は本当にお疲れ様でした!


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

まだ高校受験がありますね。

これから3月まで大学入試に挑む人もいると思います。

最後まで決して諦めず頑張りましょうね。
( o*・ω・ )o


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

さて、今日は先日終わったソチ五輪の報道の中で、

少し気になったことがあったので書いてみたいと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ソチ五輪では世界のトップアスリート達が素晴らしい活躍を見せてくれました。

その一方で、

ソチでは英語が通じず、選手や応援に訪れた人達が非常に困った、

こんなに英語が通じない五輪は初めて


という残念な声も聞かれました。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

これは2020年に東京オリンピックを控える日本にとっては、

人ごとではない問題ですね。

一般的に日本人は英語を不得手とし、日本は英語が通じにくい国と見られているからです。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ましてや、

「外国人に対して心温まるおもてなしをする」と世界に向けて公言したのであれば、

多くの外国人が操る英語をある程度習得し、訪問者を迎えることが礼儀であるように思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


そんな中、

私は現地語を勉強せずに来た外国人が、

「この国では英語が通じない」と不満を見せる姿勢に、少しだけ違和感を感じます。

英語が世界の共通語の地位を確立したのは事実ですが、

非英語圏で英語だけで通そうとするのであれば、

それは現地の人に対しての心遣いに欠けるように思うのです。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


以前、NHKラジオのビジネス英語講座

講師の方がこんなことを言われたことを思い出しました。


アメリカでは母親が息子に次のようなことを教えます。

●ガールフレンドとデートする時は

レストランでサービスしてくれる人達に対して、横柄な態度をとってはいけない。


●ガールフレンドの前で非英語圏の人(英語が不得手な人)に対して、

ぞんざいな態度をとってはいけない。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


言葉の壁とは、生れた国、受けてきた教育が絡むデリケートな問題であり、

相手のバッググラウンドに十分配慮しましょうということなのでしょうね。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ただ、せっかくオリンピックを見に東京に来てくれた人達が、

英語の問題で極度な不便さを感じ、滞在を十分に楽しめなかったということが起こるのは

極力避けたいところです。

2008年の北京オリンピックの時のように

「英語を喋ろうキャンペーン」というようなものが

東京でも実施されるかもしれませんね。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


以下は蛇足かもしれませんが、

昨今、日本人の間でも英語レベルに格差が生じてきています。

ペラペラと英語を喋り難解な文も読みこなす人もいれば、

簡単な英単語も分からないという人もいます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私は学生の生徒には

「あなたが将来どんなに英語が上手になっても、

どうかできない人を馬鹿にするような態度は絶対にとらないでくださいね」と

伝えることがあります。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


例え英語ができても、

英語レベルが低い人を疎んじるという言葉の壁を自分から作っていては、

素晴らしい人達との出会いのチャンスをつぶし、世界が狭くなってしまうことがあるように思うのです。

生意気にすみません。。 

皆さんはどう思われますか。
(● ̄  ̄●)ノ”
[PR]
新しい年となりました。

今年もどうぞよろしくお願いします。
♪(* ̄∇ ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

昨年文科省が小中高の英語教科に新たな指導要綱を盛り込み、

全体のレベル上げを目指すことを発表しましたね。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

母語である日本語の大切さが謳われる一方、

国際的に活躍する人材育成の重要さを考えると、

外国語の強化はある程度仕方ないことかもしれません。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


また、

「日本に来てくれる外国人観光客達が、日本で英語が通じないことの不便さを訴えている」

などというニュースを見ると、

ますますスピーキングの訓練を幼いうちから始めた方がいいと感じてしまいます。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

ところで、日本人は元々シャイな国民性で、

文法の間違った英語や、訛りの強い英語を喋ることに抵抗がある人が多いようです。

しかし、非英語圏に行くと、さまざまな国の人達がさまざまな訛りで、

ときにはただの英単語の羅列ともとれる話法で(失礼!)

堂々と英会話を楽しんでいる人達に出会います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

英語が英語圏以外のさまざまな国で喋られるようになった今、

英語が実際に国際社会でどのように使われているのかを

子ども達に伝えることも必要かもしれません。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ネイティブの英語こそが正当な英語と、英米以外の発音に抵抗を持ってしまうと、

コミュニケーションが難しくなるばかりか、たくさんのチャンスを失ってしまうことにもなりかねません。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

いずれにしても、

英語学習はコツコツと長く努力を続けることが大切だと思います。

たとえ気持ちがゆるむ時期があっても、少しずつでいいので続けることです。

そうすることでふとした時に進歩を実感できるはずです。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

皆さんが2014年も実のある英語学習に励むことができますように。

応援しています!今年も頑張りましょう!!!
o(*⌒―⌒*)o
[PR]
こんにちは。

またまた久々の更新になってしまいました。

すみません(汗)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

今日は不登校について書いてみたいと思います。

私は「不登校」や「発達障害」、「ひきこもり」に関する本はある程度読んでいますが、

決してその分野の専門家ではないので、読み苦しい点があればどうかご容赦ください。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

アリス・イングリッシュ・スクールでは、過去に何人かの不登校の生徒が学んでくれました。

現在も学校に行っていない生徒が英語や数学を学んでくれています。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

不登校の原因は本当にさまざまであり、生徒の個性も一人一人で大きく違います。

昔のように「気合で学校に行きなさい」という時代ではないことを痛感します。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

私が見させてもらった生徒に共通することに「自分を理解してもらいたい」という思いが、

強いということがあるのではないかと感じています。

心の傷みや葛藤、過去や現在の努力、将来への不安、

彼らなりにもがき苦しむさまに寄り添い、思いを共有することで、

生徒達との距離が近づく実感があります。

たとえ1日中部屋でパソコンゲームに没頭し、何も考えていないように見えても、

彼らがぽろっと心境を吐露する瞬間、抱えているものがあるんだと気付かされます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


不登校の子を迎えようと現場で奮闘される学校の先生には本当に申し訳ないのですが、

私は、行きたくない学校に行き、極度のストレスを感じたり、体調を崩すのであれば、

子ども達は無理をして学校に行かなくてもいいと思っています。

「学校は絶対に行かなくてはいけないものなのに、自分は行けていない」という思い込みが

子どもとその家族をますます追い詰めてしまうことになります。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


義務教育は基本的に授業に出席していなくても卒業できますし、

高卒認定試験に合格すれば、大学や専門学校受験の権利が与えられます。

何年か回り道をして社会に出ることは今の時代決して珍しいことではありません。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

そして、子どもは成長とともに必ず変化します。

今できないことが来年、再来年にはできるようになっているかもしれないのです。

過度の期待は禁物ですが、周りの大人は子どもの成長を信じ、

厳しくするべきところは厳しくしながらも、温かく寛容に見守るスタンスが大切ではないかと思います。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

半年前に入校した不登校の生徒が、

「最近自分でもメンタルの安定を感じる」と言っていました。

随分表情も明るくなったと思います。

彼は毎回スナック菓子のおみやげを買ってきてくれ、一緒に食べようと言います。

彼は学校以外の活動の場を見つけたのだと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


塾や家庭教師では学校の出席日数はつきませんが、

新たな人間関係を作る機会を与える意味ではいいかもしれません。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


一方、長引く子どもの問題を抱える保護者様の苦しみは一通りのものではありません。

「寛容に」と言われても腹が立って仕方ないこともあると思います。


保護者様は話をじっくり聞いてもらえる場所を確保したり、ときには思いきり好きなことをし、

悩みの吹き溜まりに落ちてしまわないよう、ご自身のケアにも励むことが必要だと思います。

状況はいつか必ず変化するのだということを忘れず、どうか決して諦めないでください。
[PR]
こんにちは!

早いものでもう新年度。

皆さん、よい1年にしましょうね。
o(⌒ー⌒)o


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

さて、この4月から

「高校の英語の授業は英語で行う」という新学習指導要領が実施されるそうですね。

現場の先生方も混乱されているようです。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

むむむ、これはどうなのでしょうか。

ある一定以上の英語レベルを持つ生徒達にとっては、いいことだと思いますが、

普通の高校生が複雑な高校文法を英語で説明されて分かるものなのでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


例えば

「関係代名詞と関係副詞の違い」

「仮定法過去完了の倒置」

「独立分詞構文」


などは日本語で説明されても理解しづらい分野です。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


大学入試は依然として長文読解や文法に特化する中、

高校の授業形態が大きく変わってしまっては、

高校生や高校の先生が板ばさみになってしまうように思います。
( o*・ω・ )o


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


また、

日本人が英語を話すことを苦手なのは、

喋る機会が少ないからではないでしょうか。

先生方の英語を喋る時間が増えたところで、

一般の生徒にはあまりメリットがないように感じます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


高校生が英語に触れる機会を増やしたいのであれば、

読解や文法とは別に、少人数制の会話の時間をしっかりと設けるべきだと思うのですが。。。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

もう1点普段から感じていることがあります。

「日本人は英文法に特化しすぎ」と言われながらも、

高校文法レベル、もしかしたら中学文法の上級レベルになると

完全ではないという人がほとんどではないでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

苦手とされている「喋る」「聞く」以外の分野、

例えば「文法」や「読解」「語彙」なども、

まだまだ改善すべき点があるように感じます。

要は英語学習全体の底上げが必要だと思うのです。。。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


長々と生意気にすみません。

皆さんはどう思われますか。
(● ̄  ̄●)ノ
[PR]