<   2012年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こんにちは!!!
(〃⌒ - ⌒)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



先日高校3年生の男子生徒が、

実力テスト の結果を持ってきました。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


残念ながら、男子生徒は目標点に達していませんでした。


「何が足らなかったか、一緒に考え、次につなげようね。」

と言う私に対し、生徒は、

「問題が多くて、時間が全然足らなかったんです。」

と答えました。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。




「テストは決まった時間内に、どれだけできるかを試されているのだから、

勉強時間をもっと確保して、速く読め、解けるようになろう。それしかないよね。」


生徒
「はぁ…。」



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



「言い訳をしないで。」

と言わんばかりの私の冷たい言い方に

生徒はどこか不満そうでした。
(  ̄∇ ̄ ;) ゴメンネ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


男子生徒は、連日5科目の勉強に追われ、

高3になってからは、数IIIの難しさにもがいているようです。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



「『成績を上げよう。』と 簡単に言わないでくれ。」

と言いいたかったのではないでしょうか。
(● ̄  ̄●) ワカリマス


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



もちろん、私が指導法の改善をするよう努めるべきなのは、重々承知ですが、

目標を高く設定している生徒には、どうしても甘いことばかりは言えません。
(´_`。)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


高校の文法問題集です。

色々な出版社から出ていますが、

大体内容は同じような感じです。
a0217661_1329062.jpg



a0217661_13291877.jpg



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


どの本も 300ページから400ページ、

1300問から1400問ほど載っています。


大部分が選択、穴埋め、単語並べ替え問題です。

センター試験対策には欠かせない問題集ですね。
( o*・ω・ )o


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



過去、センター試験で高い点数を出しているうちの生徒達は、

これらの問題を1問につき、1秒から3秒くらいという速めのスピードで解いていました。

ほとんど考え込むということがありません。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



センター試験の文法問題でゆっくり考えていては、

後半の長文で、時間が足らなくなります。

中高校生の人達は、

とにかく、普段から学習時間をたっぷりとり、

問題慣れしておくことが大切だと思います。

( 。 ・ω・ 。 )ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今年も大学受験生が何人かいます。

みんな、いつもキツイことばかり言ってごめんなさい。
(。>ω<)。

楽しい来年の春を夢見て、一緒に頑張ろうね。
(● ̄  ̄●)q

今日もエラそうな内容でした。すみません。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!
(* ̄∇ ̄*)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今日は 「子どもの名前」について、書いてみたいと思います。

最近の子どもは、響きが可愛い、もしくはかっこいい名前が多いですね。


マリナちゃん、カレンちゃん、ジョージ君、ショウ君、

巷ではこのような名前をよく耳にするような気がします。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


外国人のような名前が多いところを見ると、

将来お子様が海外に出た際、便利なようにという親心でしょうか。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「宛て字ではなく、しっかりと漢字の意味を考えた名前をつけるべき。」

という声も聞きますが、

そういえば、言葉も名前の付け方も、常に変化してるかもと思います。
♪(* ̄  ̄)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



江戸時代には比較的メジャーであったであろう、

「八兵衛(はちべえ)」という名前の小学生が、今全国に何人いるでしょうか。

助さんは?角さんは?
\(● ̄  ̄●) オシン デス!


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ところで、

私自身、海外生活の中で自分の名前を正しく発音してもらえず、

さみしい思いをしたことが何度かあります。
Σ(|||▽||| )


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


日本の名前の中でも、

「クミ」や「チカ」など、短めの名前は、外国人にとっても

覚えやすいようですが、私の名前は外国人には発音しづらいものでした。

なので、「アリス」という英語名を使うことがありました。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



シンガポール在住中、体調を崩し、医者にかかりました。

待合室で座っていると、

ナースが、

「エイジャ、エイジャ」とコールしています。
(● ̄  ̄●)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「エイジャさん」

マレー系の名前かなとそのままぽーと座っていると、

それは私のことでした。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


私の姓は アサイ といいます。

英語表記では

Asai

それをナースは

Asia と見間違えたようです。


日本語の「アジア」は、英語では「エイジャ」と発音します。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


一瞬 Brownさんや、Smithさんなどの

世界で知れ渡った名前が羨ましく思えました。
Σ(|||▽||| )


非英語圏の人が、英語名を名乗るのは、given name 限定で、

姓 (family name)ばかりはどうしようもないですね。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!!!

このブログもスタートしてから丸1年がたちました。

いつも訪問してくだる方、本当にありがとうございます。
( ´ ▽ ` )ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今日は 「最近の日本人の英語力」について書いてみたいと思います。

またまたエラそうにすみません!
( ≧艸≦ )


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「日本人はいつまでたっても英語が喋れない。」

と日本人は自虐的に言うことがありますが、

果たしてそうでしょうか。
(● ̄  ̄●) ドウオモイマスカ?



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


私の子どもの頃は

英語はほとんど「宇宙語」の感覚でした。


英語が喋れる人 →  ものすごくエライ人

というように見られていたと思います。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ウィッキーさん← ご存知ですか?♪(* ̄  ̄)/

のコーナーでも、ほとんどの人が逃げていたか、しどろもどろだったように記憶します。
Σ( ̄⊥ ̄lll) オウ ノウ!


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


しかし、

昨今の英会話ブームや、日本企業の海外進出も手伝って、

レベルはさまざまにしても、英語を話す日本人は確実に増えたと思います。

(o`・ω・´o)。*


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


東京は、

「英語が通じない街」から「英語が少し通じる街」に変化したのではないでしょうか。
(● ̄  ̄●)ノ タブン


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



日本の英語教育界においてもしかりです。

中学高校英語でも、会話表現がふんだんに盛り込まれています。
♪(* ̄∇ ̄)/


英語科(もしくは国際科)を設けた高校の名前をよく耳にします。

長期の語学留学がカリキュラムに組み込まれている高校もあるようです。

岡山市にも1年間のオーストラリア英語研修を課す高校があります。
Σ(・ω・ノ)ノ スゴイ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今注目を集めている秋田県の国際教養大学の赤本です。

英語教育に特化したこの大学は、

メディアによく取りあげられ、この数年でまた更に人気を博したように思います。

この大学、入るのもかなり大変ですが、

日本の文系大学にしては珍しく、留年率が高いのも特徴です。
Σ(|||▽||| ) アガラセテ

a0217661_11261610.jpg


それにしても入試問題が無茶苦茶難しいです!!!
( ≧艸≦ ) アリエン!


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



受験者は、英語長文を読んだ上での英語論文を課せられるのですが、

瞬時にこのレベルのテーマについて、自分の考えをまとめ、正しい英文にするには、

通常の高校教育を受けただけではまず無理です。

最低でも英検準1級の上くらいの力はいると思います。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



昔なら、こんな問題を出されても、

解ける高校生はあまりいなかったのではないでしょうか。

日本の英語教育に対する意識の変化の証かなぁと思ったりします。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


でも、日本人があまりに英語に傾倒しすぎるのもどうなのかな。

いずれにしても、

どのレベルの人もできるだけ楽しく英語を学べたらいいなぁと思います。

(* ̄∇ ̄*)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



あぁ、今日も長々と堅い内容になってしまった。
(  ̄∇ ̄ ;)/ ゴメンナサイ


皆さんはどう思われますか。
(* ̄∇ ̄*)ノ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです (。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!!!
(●´ω`●)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


皆さんは 「赤毛のアン」 を読まれたことはありますか。

原題は "Anne of Green Gables" です。


******

カナダ プリンスエドワード島の兄妹の家に引き取られた孤児のアン、

天真爛漫な彼女は、

自然豊かな環境の中、養父母や友人達との交流を深め、

大きく成長を遂げていくのです。


******



うちの教室に英語の絵本があります。

子ども用に簡単にアレンジされたものですが、

案外分らない単語があったりします。

鳥や花の名前とか(汗)。


a0217661_21274616.jpg


a0217661_2128671.jpg


a0217661_2128374.jpg


a0217661_21285728.jpg



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私が学生だった頃、

赤毛のアンはTVアニメとなり、

日本で赤毛のアンブームが起こったような気がします。

a0217661_21393135.jpg



アニメは比較的原作に忠実で、

親しみやすい絵柄、声優さん達の熟練した演技など、完成度が高いと思います。

DVDが出ています。おすすめです。

プリンスエドワード島の自然がそれは美しく描かれています。
(〃⌒ - ⌒)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


この赤毛のアンは

高校の模擬試験の英文に出てきたことがあります。

数年前、校外模試を受けた高校生が、

英語問題で出題された「赤毛のアン」に関しての解説を求めてきました。



「あぁ、『赤毛のアン』か。

カナダのプリンスエドワード島のお話でね、孤児のアンの成長物語だよ。」

と説明すると、

何と生徒に羨望のまなざしで見られたのです。

Σ(・ω・ノ)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


「そんな物語を知っているなんてすごい…」ということなのだそうですが、

「赤毛のアン」て今の高校生の間でそんなに無名なのでしょうか???

Σ(|||▽||| )


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


「ヘレンケラー」でも同様のことがありました。

前回の英検準1級の問題にヘレンケラーのことが取り上げられており、

高校生生徒に

「障がいを持ったヘレンが、家庭教師の献身的な指導で、大学を出ることができたんだよ。」

と説明すると、

「ほぉ~。名前は聞いたことありましたが、そういうことだったんですか。」

と感心されました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ヘレンケラーが怒ってきそうです。
(● ̄  ̄●)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


小学生の皆さん、できるだけ読書をしましょう。

知識、読解力を深める効果と、

将来英語の試験に役立つことが多々あると思います。

ヽ( ̄▽ ̄) ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


そういえば、

惑星の英語名の覚え方 を説明するため、高校生生徒に

"My very earnest mother just served us nine pizzas."を

教えようとしたところ、

「惑星の英語名なら全部分る。」と言うのです。
Σ(・ω・ノ)ノ



「え、何で?」


生徒
「『セーラームーン』を見ていたら覚えられました。」



なのだそうです。

「セーラームーン」をご覧になったことがある方々、そうなのですか?

知らんかった…。

いずれにしても、親しまれる物語やアニメは、時代とともに変わるようですね。
♪(* ̄  ̄)/



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!お元気ですか!
(〃⌒ - ⌒)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


先日英検の一次試験がありましたね。

チャレンジした方もいらっしゃるのではないでしょうか。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


うちの生徒も受験しました。

これから2次試験の模擬練習です。
ヽ(*⌒∇⌒*)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


生徒が受験者、私が面接官の役になり、

実際の試験の時のように、英語での口頭試問をするのです。
(● ̄  ̄●)q ヤルゾ~


そんな時はこの本が役に立ちます。
a0217661_113425.jpg



旺文社から出ている英検2次対策本です。

面接のスタートから終了までの流れが、細かく書かれています。

 

。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


英検のサイトでも2次試験の手順がアップロードされていますが、

この本は例題が多く、お薦めです。
( ´ ▽ ` )ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


絵のナレーションや、面接官からの質問など、

本を参考にしながら、

何度も何度も何度も何度も何度も何度も

声に出して練習しましょう。とにかく慣れです。
p(o^(ェ)^o)q


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


今まで生徒達が何人も英検2次にチャレンジしていますが、

同じような実力でも、普段からしっかり相手の目を見て話す生徒の方が、

attitude(態度)の点数が高く出ているような気がします。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


とにかく誠意を持って面接に臨みましょう。
(o`・ω・´o)。*


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


普段の授業態度が素晴らしい徒なのに、

attitude(態度)点が大変低く出てしまったというケースがあります。

緊張しすぎちゃったのかな?
Σ\(  ̄ー ̄ ;)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


2次試験は7月8日です。

後1か月ありませんが、1次をパスした方は、2次を頑張りましょう!!!

逆に今回1次がダメだった方も、気を落とさないでください。

次があります!!!
(o`・ω・´o)。*


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


英検2次について、以前書いたブログです。

3級から準1級を受験する方の参考になるとうれしいです。
o(*⌒O⌒)b
 

http://aliceeigo.exblog.jp/13046956/

http://aliceeigo.exblog.jp/13050297/


1級はちょっと別次元になってくると思います。
(● ̄  ̄●)

それでは、皆さん、健闘を祈ります!!!
♪(* ̄  ̄)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!

お元気ですか。
(● ̄  ̄●)v


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


このブログを読んでくださっている皆様は

どのような高校時代を過ごされましたか。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私は高校の同級生達と集まると、

「もうあの頃には戻りたくないね。」という結論に至ります。
(  ̄∇ ̄ ;)/


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞

なぜかというと、

勉強がとても大変だったからです。
\(● ̄  ̄●)/


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私が行った学校は、

県下でもカリキュラムがキツイということでで有名でした。

         ↑
 ぼーとしていた私はよく分からないで入学しました。


宿題や予習復習の負担の多さもさることながら、

先生方の叱咤が大変厳しかったのです。

( ̄▼ ̄|||)


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


特に数学はキツかったです…。

全員が予習をしてきたことを前提に、授業中、先生が次々と生徒をあてていきます。

答えられなかった場合、嫌味を言われるか、罵倒された後、

しばらく立っていなくてはいけなかったのです。

Σ( ̄⊥ ̄lll) ワカランモンハワカラン


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


ある問題で間違えた答えを言ってしまった私に、

数学の先生は何と、


「そんな答えを言う人間は、枝ぶりのいい木でもさがしてこい!」


と、のたまったのですよ。
∑(O_O;)


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


今から思えば、


「え~い、だったら死んでやるぅ!!!」


と、私は教室を飛び出してもよかったかもしれません。
\( ̄_ ̄ )/ ダダダ~


そういえば、あまりのキツさに、しばらく学校に来なかった男の子もいました。

あぁ、思い出したくない…、私のドス黒い高校時代…。
( ´_`。 )



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



進学校の生徒が何人か、うちの教室に来てくれています。

さすがに今は先生方の暴言はないようですが、

ある学校の英語教材を見ると、かなりレベルが高いです。

高校1年1学期の実力テストが、センター試験より難しいくらいです。
Σ(・ω・ノ)ノ



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



「学校が楽しくない。」という高校生生徒もいます。

そうか…。楽しくないか…。

私も楽しくなかったよ。仲間だね、あはは。
(  ̄∇ ̄ ;)/


それにその高校を選んだのは自分。

バラ色の高校生活というわけにはいかないかもしれないけど、

勉強の厳しさを知るという意味では、決してマイナスばかりではありません。

( 。 ・ω・ 。 )ノ



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



世の中のお父様お母様、

「勉強しなさい。」と厳しく言いたいお気持ちは分かりますが、

ときにはどうかお子様を温かく見守ってくださいませんか。



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



1日7時間のハイレベル授業、

クラスメートとの競争、緊張が重なり、

うちに帰る頃には、心身ともにボロ雑巾のようになってしまう時もあるのです。
(〇 ◎ノ) ヒョロロ~


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


進学校受験に挑戦する中学生は、ある程度の覚悟が必要かもしれませんね。
(* ̄  ̄)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!!!

週末をいかがお過ごしですか。
(* ̄∇ ̄*)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

AKB48の総選挙が無事終わりましたね。

皆の予想通り大島優子さんが1位でした。

2位が渡辺麻友さんだったのは、ちょっと意外ですね。
(o ̄∇ ̄o) ウレシイケド

--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

このAKBの総選挙を見ていて、

何となく時代の変化を感じます。

アイドルが自身の人気に関して、

公の場で感情をあらわにすることは、一昔前なら考えられなかったように思うのです。



昔から賞レースというものはありましたが、

タレントさん達は、TVの中ではもっと感情を抑えていたように思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

スポーツ選手などもそうですが、

控えめと言われていた日本女性が、

「私は一番になりたい。」とはっきりと言う時代に変化したのかもしれません。

(● ̄  ̄●)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


思い返すと、昔のタレントさんの中には、

(ひょっとして今もかな?)

なぜ芸能界に入ったのかを聞かれ、

「弟(または友達)が勝手に私の写真をオーディションに送ったんですぅ。」

という風に答える人が少なくなかったと思います。
Σ(・ω・ノ)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私はそういった答えを聞くたびに、

「弟が勝手に申し込んだんだから、私は知らんわ。」と言って、

オーディションに行かなければいいのになと思っていました。
♪(* ̄∇ ̄)/ ワタシイカナイモン

本人には欲がない中、

周りに盛りたてられながら、成功の階段を上がっていくことが、

美徳とされる時代だったのでしょうか。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

対照的に

中森明菜さんという歌手は、

「スター誕生」というオーディション番組に、

何回も落ちたことを自身が告白しています。

落ちたシーンがTVで放映されても、負けずにチャレンジし続ける。

不屈の精神を感じ、思わず応援したくなります。
(● ̄  ̄●)q


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

今は休業している明菜さん、復活が期待されます。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

ところで、このブログは回顧録のような内容が続いていますね。
(  ̄∇ ̄ ;)/

次回は英語のことを書きますね。

よかったら次回も遊びにきてくださいね。
(● ̄  ̄●)v


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!

今日も訪問してくださり、ありがとうございます!
♪(* ̄∇ ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O



部屋の整理をしていると、

'95年のファッション誌 JJ が出てきました。

わぁ、懐かしい!!

JJは若い女性の間で今でも読まれているファッション誌です。
(● ̄  ̄●)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

1995年といえば、

バブル崩壊の後ですが、今よりかは景気がよかった時期ですね。

雑誌の中で、モデルさん達が

ハワイでシャネルなどのブランドものをたくさん買っています。

(今のJJもそんな感じなのかな?)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


表紙は梅宮アンナさんです。

今も頑張っていらっしゃいますね。
a0217661_13364097.jpg



アンナさんを紹介する付録本もありました。

当時カリスマモデルだったのですね。
a0217661_1337059.jpg




--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ディズニー映画 「ポカホンタス」の広告が掲載されています。

とても素敵なお話で、映画館に2回観に行きました。

また観たことない方はお薦めです。
♪(* ̄∇ ̄)/
a0217661_2223599.jpg



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

目をひいた記事に

「マダムになったOG達」という特集がありました。


大学時代JJの読者モデルをしていた方々が、

「結婚して、今こんな生活を送っています。」

と、自宅の中や、日常生活を紹介するページです。
a0217661_223131.jpg



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


「結婚式は○○ホテルで、

普段は家事とお稽古事を楽しんでいます。

ネイルサロンは欠かせません。」


ネイルサロンに生れて一度も行ったことがない私にとっては、

まさに別世界です。
\(o ̄∇ ̄o)/ ツメキリがスキ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


他に紹介されていた元読者モデルさんは、

「短大卒業後、M井物産に就職、結婚のため3年半でやめました。」

とありました。

私は思わず、「何ともったいない!」と叫んでしまいました。
           ↑
        余計なお世話


今就活で奮闘している大学生の方々も同じ感想を持つかもしれません。
(● ̄  ̄●)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


'95年当時は、この雑誌を読み、

「お金持ちの人もいるんだな。」程度の感想しか持ちませんでしたが、

今このマダムのページを読み返すと、

つくづく豊かで平和な時代だったのだなと感じます。

また、今よりかは、

女性が若いうちに会社を退職する傾向にあったかもしれませんね。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


あれから日本は不況や災害を経験し、

一般庶民の感覚も大きく変わりました。
(● ̄  ̄●)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


最後に、

デビ夫人のお嬢さん、カリナさんのインタビュー記事が出ていて、

興味深く読みました。
a0217661_22143372.jpg


幼い時にお父様が失脚し、苦労を積まれたことと思います。

美しい大人の女性に成長していますね。


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

今日も訪問してくださり、ありがとうございます!
(〃⌒∇⌒)/


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


今、東南アジアのミャンマーが注目されていますね。

2010年のスーチーさん解放以降、政治関連のニュースが頻繁に報道されていますが、

日本企業の進出も目覚ましく、これから飛躍的に発展する気配ですね。



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


ミャンマーのシンディという女性と知り合ったのは、

シンガポール在住中でした。

会社の飲み会があり、2次会で行ったお店で、

シンディは働いていました。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



店内には、日本人男性客が目立ちました。

男性達が楽しそうにカラオケを歌っていた横で、

音痴な私は、一人ウーロン茶を飲んでいました。
( ̄_ ̄ ) グビグビ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


そこで、私に気を使って話しかけてきたのが、

スタッフの一人、シンディです。



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私がその店の顧客にならないことは、

シンディも十分、分かっていたと思いますが、

それでも、英語と、片言の日本語で、一生懸命私に話しかけてきました。

「損得を考えない純粋でいい子だなぁ」

いつの間にか、私も彼女の笑顔の虜になりました。



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


このようなミャンマー人の純朴さは、

日本企業を呼びこむ上で、

大きな役割を果たしているのではないかと思います。

( o*・ω・ )o


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


意気投合したシンディと私は、

連絡先を交換をしました。

後日、シンディの誕生日パーティに呼ばれ、

中華レストランに行ったところ、

花束を持った日本人男性達が来ているではありませんか。
Σ(・ω・ノ)ノ

シンディ、モテモテなのですね。
(  ̄∇ ̄ ;)/


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



私が日本に帰国した後、

シンディから

「今東京に遊びに来てるの。生れて初めての日本で、本当にうれしい!」

と電話をもらいました。

直後送ってもらったメールの添付写真に、

彼女の誕生日パーティに来ていたおじさんとその家族

が、しっかりと写っていました。

写真のおじさんは至福の笑顔でした。
(  ̄∇ ̄ ;)/



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



その後、シンディはビジネスを立ち上げるため、ミャンマーに帰国し、

たくましく暮らしているようです。

シンディ、いつまでも元気でいてね。
(〃⌒ - ⌒)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは。

今日も訪問してくださり、ありがとうございます。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


8年ほど前、高校英語教科書に出てきたあるストーリーが、

今でも心に残っているので、紹介させてください。

中学生、大人の授業でも紹介させてもらった文献です。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

タイトルは organ transplants 「臓器移植」です。

a0217661_14594211.jpg



1999年愛知県で実際に起こった交通事故から、

脳死判定と臓器提供をめぐる、家族の愛と葛藤が描かれています。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


高校生の女の子マリさん の母親は、

ある日マリさんが交通事故に遭い、

瀕死の状態だという知らせを病院から受けます。


マリさんには助かる見込みがないという医師…。


失意の中お母さんがマリさんの荷物を開けると、

全ての臓器に印がついた ドナーカード が出てくるのです。
a0217661_15032.jpg



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

この事故の1年前、

高校2年生だったマリさんは、お母さんにこんな告白をします。



"I want to tell you what I've decided to you.

I'm decided to have a donor card, Mom.

If anything happens to me, I'll be glad to offer my organs for transplants.

If you wish to remember me, please think of those who will have my organs,

for I'll live within them.

I'll come to see you, Mom.

I may be a person who says hello to you on the street,

or the stranger who asks you the way. So be kind to them."


「私ね、決めたことがあるの。ドナーカードを持つことにしたわ。

私に何かあったら、喜んで臓器を提供したいと思ってるの。


もしお母さんが私のことを思い出したくなったら、

私の臓器をもらった人達のことを思い出してちょうだい。

私はその人達の中に生きているから。


そして、きっとお母さんに会いにくる。

道でお母さんに『こんにちは。』て言ってる人かもしれないし、

道を尋ねる人かもしれない。

だからどうかその人達に親切にしてちょうだいね。」



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


10代の女の子がこんなことを考えていたのかと思うだけで、

涙がこぼれてしまいます。

また、教科書に掲載されている英文は、

シンプルながら、マリさんの温かな想いが十分にこめられた素晴らしい英訳だと思います。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


残念ながら、マリさんは亡くなってしまいます。

ご家族は、臓器提供に同意したものの、

諸事情で、マリさんの脳死判定が行えず、

心停止後腎臓のみ提供したそうです。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


1997年に脳死臓器移植法が施行されてから、

間がない出来事だったので、注目されたようですね。

この女の子の想いが、少しでも世の中に届き、

より多くの病気に苦しむ人達に、元気な体が戻ったらなと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


この教材には、何人かの生徒が心を打たれたと言っていました。

人の願いや思いやり、温かな感情を、

このように言葉という形で、いつまでも人の心に残すことができる、

言葉はとてつもなく、奥深いものなのだと思います…。



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]