カテゴリ:海外生活( 38 )

皆さん、こんんちは!

お元気ですか。

少し寒くなりましたね。

いつもアクセスしてくださり、ありがとうございます!
(〃⌒_⌒)/


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,

私が15年ほど前、シンガポールに住んでいた時、

現地はJ-POPブームでした。

浜崎あゆみさんSPEEDのPVが、

屋外スクリーンでよく流れていたものです。

たくさんの日本のドラマや映画も、観ることができました。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


シンガポールでは1980年代、

日本歌謡ブームというものが起こったとも聞きます。

松田聖子さん安全地帯が流行ったとのことです。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


私は長期滞在を通して、

シンガポールは、かなりの親日的な国だと感じました。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


他のアジア諸国と同様、

日本の侵略を受けながら、戦後の発想の転換が早かったようです。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


シンガポールの建国の父と言われる

リー・クワン・ユー氏は、

ご自身が日本軍にひどい目に遭わされたにも関わらず、

「私は日本軍のしたことは許さないが、

日本の戦後の経済発展には見習うべき点がたくさんある。

そのいいところを取り入れるよう、国民にも働きかけたい」


自叙伝で語っていました。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


個人的な恨みはさておき、

国の発展や利益を優先する、

リーダーの鏡 と言えるかもしれません。

日本文化の解禁にも、寛大であったのでしょう。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


そんなシンガポール、

一人当たりのGDPは、既に日本を追いこし、

アジア屈指の豊かな国に成長しました。


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


過去にとらわれすぎることなく、

日本との経済交流に力を入れた

政治リーダー達の貢献が大きかったことは、

言うまでもありません。
(● ̄  ̄●)


*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:* *:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,


「シンガポールの政治の質の高さを誇りに思う」という

シンガポール人に何度か会ったことがあります。

日本の政治家達も、私利私欲を捨て、頑張ってほしいものです。
Σ\(  ̄ー ̄ ;) ガンバッテ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、お元気ですか。

今日も訪問してくださり、ありがとうございます!!!
(* ̄▽ ̄*)ノ

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


海外在住中、イギリス人カップル主催のバーべキューに招かれたことがあります。

コンドミニアム プールサイドのBBQピットでの、楽しいパーティです。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


おみやげのワインを持って、プールサイドに到着しました。

主催のイギリス人男性に

「お招きありがとう。何を手伝いましょうか」と言ったところ、

「ゲストは座ってるもんだ。何が飲みたい?何が食べたい?何でも君の好きな物を焼くよ」

と、真顔で言われました。
∑(〇Д◎ノ)ノ

まるでお姫様扱いです。
( ̄∇ ̄;)/ ヒョ~


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


結局、パーティの間中、彼はピットからほとんど離れることなく、

まるでお祭りの屋台の人のように、

肉や野菜を焼き続け、ゲストにふるまっていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


「BBQは男の仕事」と言われているとはいえ、

さすが紳士の国、イギリス・・・。

少し感動しました。

(それとも、日本にもこういう男性はいるのでしょうか)
(● ̄  ̄●) オレガヤクンダ!

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


そんなおり、また海外で、

日本人ばかりが集まる鍋パーティに招かれ、

参加させてもらいました。

男女合わせて10人ほどのメンバーだったでしょうか。
(〃⌒ - ⌒) ♪

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


「日本人ばかりなら、主に女性が働くことになるのかな」

と思って行ってみたところ、それが、それが。
( ̄▼ ̄|||)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


「○○君、これ持ってって」

「△△君、ちゃんと火加減見ててよね!」

と、女性が男性をこき使っているではありませんか。
∑(O_O;)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


海外の男性は優しい。

そして、それに慣れてしまった海外在住の日本人女性は強い。


常々そう感じます。

皆さんはどう思われますか。
(● ̄  ̄●)


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

今日もアクセスしてくださり、ありがとうございます!
(〃⌒∇⌒)/

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

今日は、「海外の男性は優しいのか」

をテーマに、考えてみたいと思います。

「優しい」にも色々な意味があると思うのですが、

ここでは女性に対する接し方について、触れてみたいと思います。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


あくまで、私の主観と経験からのもので、

まったくもって偏った意見であるかもしれないことを、

おことわりさせてください。
(  ̄∇ ̄ ;)/ スミマセン

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


「海外の男性」と、一くくりにすることはできないのですが、

私が知る限り、ヨーロッパ、アメリカ、日本以外のアジアの男性は、

一般的に女性に優しいのではないかなと感じています。

(日本の男性の方々、ごめんなさい!!!)
Σ\( ̄ー ̄;)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


例えば、海外では男性が、

ドアやエレベーターで女性を先に通してくれるなど、

日常の習慣から、

見知らぬ女性が重そうな荷物を抱えていたら、

「手伝いましょうか」と申し出てくれるなど、

心のこもった気遣いを感じることが多いように思います。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


恋人同士の愛情の表現も豊かだと言われていますね。

年配になっても、妻をレディとして扱う欧米の男性、ちょっと憧れます。
(● ̄  ̄●) ラブラブ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


ずっと昔、岡山駅が今の形に改築される前、

休暇をとって、海外から日本に里帰りした時のことです。

私は、友人や家族へのおみやげでパンパンになった、20キロ強はあるトランクをさげて、

岡山駅の2階ホームにおりたちました。

しかし!下りのエスカレータがないではありませんか。

エレベーターも見当たりません。

ひょ~。
\( ̄▼ ̄|||)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


重いトランクを下げ、フラフラしながら、一段一段、ゆっくりと階段を下りましたが、

男性達は私を速足で追い抜くばかりで、

(せめて振り返るくらいしてくりぃ~)

結局誰からも「手伝いましょうか」と言われることはありませんでした。

これは海外ではないことかもしれません。
(_ _;)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


本来、自分の荷物は自分で持つべきです。

しかし、私は長い海外生活でスポイルされていたのか、

「日本人男性は冷たい!」と感じてしまいました。
(  ̄∇ ̄ ;)/ ヘルプミー!


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

外国かぶれしているように聞こえたら、申し訳ないのですが、

海外ではちょっとしたことでも常に、

「大丈夫ですか」と声をかけ合ったものです。

(● ̄  ̄●)

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


誰かれかまわず、甘えたらいいという意味ではなく、

互いに声を掛け合う社会こそ、健全といえ、

それが、犯罪防止や、治安の向上につながると思うのです。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....

少し論点がずれてしまいましたが、

男性女性の問題ではなく、

日本人は周りに無関心なのかなと、ちょっとさみしく感じることがあります。
( ´_`。 )


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは。

お元気ですか。

台風の被害が心配ですね。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


今日は、海外生活を終え帰国後、

私が日本に関して不思議に思ったことについて、書かせてください。

海外かぶれのようですみません…。

おまけにちょっと辛口です。
( ̄∇ ̄;)/ ゴメンナサイ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私が帰国直後「何だ、これは?」(o・▽・o)?と思ったのは、

TV局(主にキー局)の女性アナウンサー達です。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


海外TV局にも多くの女性アナウンサー(英語ではよく anchorwoman といいます)はいますが、

皆さん、比較的年齢が高く、キリっとしています。

政治家へのインタビューもこなす、ジャーナリストでもあるのです。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


対照的に日本の女性アナウンサーは、

娯楽番組に出演し、CDまで出すなど、

ニュースキャスターとしてのお仕事を、あまりしていないように見えるのです。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


先日あるキー局の女性アナウンサーが、出演番組でカラオケを熱唱し、

(それが歌唱力がとても・・・なのですね)

カメラの前に出てきた両親に向かって、

「パパ、ママ」と呼びかける姿には、茫然としました。

30歳手前で、公の場での「パパ、ママ」はないのではないでしょうか…。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


アメリカABCテレビの女性ニュースキャスターが、

カメラの前で、カラオケを真剣に歌うでしょうか。

どうしても想像ができません…。
( ̄▼ ̄|||)


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


さらに、日本の「女子アナ30歳定年説」というものの存在を知り、

ますます不思議になってしまいました!

なぜ女性だけ?

報道の仕事をしていく上では、ある程度の人生経験は欠かせないはずですが、

TV局は女性社員をじっくり育てていこうという気がないのかな。
o( ̄_ ̄|||)oイカンゼヨ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


若い女性がもてはやされる、という世界的な風潮があるとは思うのですが、

この女子アナのあり方は、日本独自のものかもしれません。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


もう1つ不思議だったのは、お天気お姉さんです。

「皆さぁん(クネクネ)、今日も気をつけて、行ってらっしゃあい♪」

と手を振るお天気お姉さん、

おそらく女性の地位が高い欧米には、このタイプはあまりいないでしょう。

「普通に今日の天気を教えてくれたらいいのになぁ」と思います。
(● ̄  ̄●)

∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


誤解のないように書きますが、

私も若くて綺麗な女性を見るのは好きです。
♪(* ̄∇ ̄)/ステキ!

ただ、公のメディアには常に中立であってほしいのです。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


現代日本文化の象徴のような女子アナ、お天気お姉さん。

個人的には安藤優子さんのような方が、ニュース番組をしきってくれると、安心して見れるのですが。

皆さんはどう思われますか。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

せっかく遊びに来てくださったのに、ヘンなタイトルですみません(汗)

今日も海外在住中のお話です。
(〃⌒_⌒)/

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


お休みの日、部屋でTVを観ていたところ、

画面の中で、お侍さんが刀を振り回しているではないですか。

「ん?何の番組?」と思ったら、

それは何とマクドナルドのCM!


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


商品名は「マクドナルド、サムライ・バーガー」!!!

サムライ・バーガー?

それは一体何???見てみたい、食べてみたい!
p(>w<*)

いてもたってもいられず、その日のうちにマクドナルドに行きました。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


街のマクドナルドで、サムライバーガーなるものを1つ買い求め、

ワクワクしながら紙包みを開け、
(⌒_⌒〃) ドキドキ

ふた(パンの上部分)をそっととってみました。

すると…

がん!∑(O_O;)

そこには薄~い2枚のハンバーグが入っているではありませんか。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


つ、つまり、

おサムライさんがハンバーグを刀で切ったってこと???
( ̄▼ ̄|||)

よく分からない…。

そもそもこんなことで日本人は納得しない…。

日本人としてのアイデンティティが強くゆさぶられました。
Σ\(  ̄ Θ  ̄ ;)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


感動していいのか、脱力していいのか、反応にちょっと困りつつ、

店内でハンバーガーをいただいて帰りました。
(  ̄∇ ̄ ;) ムシャムシャ

味に特に「サムライ」は感じられませんでしたが、おいしかったです。
(* ̄ ゚  ̄)/・・・・・・・♪



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

今日もアクセスしてくださりありがとうございます!
(o ̄∇ ̄o)/ ♪

*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


新しい内閣が誕生しましたね。

日本は政治リーダーがあまりに頻繁に変わるので、

海外から不思議がられているみたいで、ちょっと哀しいですねぇ…。
( ´_`。 )


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


残念ながら、自民党の小泉内閣以来、

長く続いた政権はないですよね。
(● ̄  ̄●)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


ところで、その小泉首相、

私がシンガポールに住んでいた時に、外交でシンガポールに来られたことがあります。

現地でかなり大きなニュースになっていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


小泉首相はその時、シンガポール人に向けて、

英語でスピーチをされました。

(首相はロンドン大学への留学経験があります)

そのスピーチは、たしか100ドルほど払えば、

一般人も会場に入って聞くことができたのですが、

残念ながら私は行きませんでした。
(_ _;) イクンダッタ...


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


後からTVでそのスピーチを聞きました。

内容はうろ覚えなのですが、

東南アジア諸国と日本のより強い良好関係を目指そうと、

かなり長い時間喋られていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


現地の日本人社会では、

首相のスピーチは、日本語訛りが強く、

原稿を見っぱなしだったなどと言われていましたが、

日本語で街頭演説される時と同様、非常に毅然とされており、

声もよく通っていました。

シンガポール人の心にも十分訴えかけるものがあったのではないでしょうか。
p( ̄_ ̄ )


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


そういえば、

当時のシンガポール大統領の孫娘が、小泉首相のファンであり、

首相は孫娘との写真撮影に応じたとも報道されていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


一部では、小泉首相が日本に残した課題は大きかったと言われています。

しかし、国際社会でも周りに強い印象を与えることのできる

華があるリーダーであったことは間違いないかもしれません。


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです (。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは。

今日もアクセスしてくださり、ありがとうございます。

生徒の皆さん、暑いですが、勉強ははかどってますか。
♪(* ̄∇ ̄)/ guts!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

このブログを読んでくださる方々から、たまに「内容が堅い」と言われます。
Σ( ̄⊥ ̄lll)

すみません…。ちょっと真面目すぎますかね。
( ̄∇ ̄;)/ エヘヘ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

週末なので少しだけくだけて、

スチュワーデス、略して「スッチー」との体験談を書いてみたいと思います。

スチュワーデスの方々は今はCAと呼ばれていますね。

これを読んで、もし不愉快に感じるCAの方がいらっしゃったら、本当にすみません。
(。>ω<)

CAの方々を中傷する意図は一切ありません。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



英語圏ではCA(cabin attendant)とは言いません。

flight attendant か crew という言い方が一般的だと思います。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

S国に住んでいた時の話です。

JALは不振を強いられましたが、

S国航空は、機内サービスに定評があり、非常に羽振りがいい会社です。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

S国人がS国航空のCAになることはそう難しくないようなのですが、

日本人がS国航空のCAになろうと思えば、

日本人CA枠で入社試験を受け、かなりの倍率を突破しなくてはなりません。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ある日、日本人主催のBBQパーティに招かれました。

コンドミニアムのプールサイドのBBQピットで、飲めや歌えやと楽しいひと時です。

そこに数人のS国航空の日本人CAが、「遅れてごめんなさ~い」と登場しました。

私にとっては初対面の方々です。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

さすが厳しい入社試験を突破されただけのことはあります。

肌が透き通るように白く、女優さんのように美しい方々です。

男性陣はだら~と鼻の下を伸ばしています。
p( ̄_ ̄ ) オイオイ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

隣に座ったCA達と世間話になりました。

最初は「S国航空のCAになるなんてすごいですね」など

あたりさわりのない話題だったのですが、

CAの一人が突然、

「仕事上の悩みがあるんです」と切り出してきました。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ふむ?初対面の私に仕事上の悩み?( ・ω・ノ )ノ



「へぇ、どんな悩みなんですか?」

CA
「たくさんの男の人達に言い寄られるんですけど、
皆、私の仕事のステイタスに魅かれてるだけじゃないかと思ってぇ…。
それがとてもツライんです…」


私 「 ……」
( ̄▼ ̄|||)


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


すんでのところで、彼女をプールにつき落としそうになりましたが、理性でおさえました。
(o`・ω・´o)。*

そんなのは仕事の悩みとは言わんのじゃ!

第一そんなにクネクネして喋らんでくれい!!!!
o( ̄_ ̄|||)o アンパ~ンチ!


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

その後、何人かのS国航空の日本人CAと知り合う機会がありましたが、

皆さん、概して細やかな思いやりのある素晴らしい方々で、

非常に楽しくお付き合いさせていただきました。


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

BBQのそのCAの方はちょっと珍しいキャラクターだったのかもしれません。
(● ̄  ̄●)ノ”


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは。お元気ですか。

::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:

15年くらい前、アジアのある街を一人で歩いていた時のことです。

まだ陽が高く、人通りの多い、安全な場所でした。

一人のアジア系のお年寄りの男性が、ニコニコしながら私に近づいてきました。

思わず警戒します。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


男性は日本語で私にこう言いました。

「ワタシハ ヘイタイサン デシタ」

::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


「私は兵隊さんでした。」

これは一体どういう意味なのでしょうか。

日本語にかなりの訛りがあるので、この男性が日本人ではないことは明らかです。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


男性の容貌から、さきの戦争に関わった年齢である可能性は十分あります。

しかし、なぜこの人はこのような言い回しを知っているのでしょうか。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


何か事情があり日本軍に従軍したのでしょうか。

それが強制的なことであったのであれば、日本人として本当に申し訳ないことです。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


男性は「ワタシハ ヘイタイサン デシタ」

を繰り返すばかりです。

意味がわからずその言葉を使っているようでもありません。

非常に穏やかで柔和な表情ですが、決してフレンドリーではないのです。



::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


普段海外で知らない人に話しかけられれば、

相手が困っている場合以外は、かかわらないようにしていましたが、

私はなぜかその場で、言葉通り「固まって」しまいました。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


"I'm sorry..."

「申し訳なく思う」やっとのことで出た一言でした。

私のその言葉を聞いてか、男性は黙ってその場を離れました。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


海外生活を始める前、

日本人であるがゆえ、歴史のことで攻撃されることがあるかもしれないということは、覚悟していました。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


しかし、思いのほか「日本人だから」ということで、不愉快な思いをすることはありませんでした。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


戦争を振り返るには、あまりに時が流れてしまったのでしょうか。

海外にいる時、自分がアジアの歴史を悪い意味で塗り替えてしまった日本人であるということを、

他人を通して感じさせられたのは、この時だけです。


::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜::*'::*'゜::*'゜::*'゜::*'゜:


侵略した国とされた国、意識の違いは大きいでしょう。

表に出さないにしても、被害を受けた側はいつまでも覚えているものです。

過ちを決して繰り返さないために、

日本の歴史教育は、多少見直した方がいいのではないかと感じることがあります。

皆さんそれぞれにご意見をお持ちだと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

お元気ですか。

今日はAlice English Schoolが入っているビルの周りの風景を紹介したいと思います。
(o ̄∀ ̄)ノ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

岡山駅から近いです。でも車が走ってないぞ~。
ヽ( ̄▽ ̄) ノ

a0217661_16432556.jpg



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

岡山市には路面電車が走っています。

渋滞が関係なく便利です♪
a0217661_16443152.jpg



-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ビルの外に教室の看板を出させてもらっています。
a0217661_16452072.jpg


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

教室の中はこんな感じです(〃⌒ - ⌒)/
a0217661_16491690.jpg


a0217661_16494410.jpg


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

おかげさまで、この教室を始めてから約10年がたちます。

振り返れば色々なことがありました。

ここまで続けてこれたのは、生徒の皆さまと、ご協力くださった周りの方々のおかげです。

関わってくださった皆さまへの想いは一言では言い尽くせません。
ヾ(★≧‐≦)ノスペシャルサンクス!

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ところで、岡山市は私の生れ故郷です。

気候が温暖で、とても住みやすい街です。
o(⌒ー⌒)o

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

しかし、約10年前、海外での会社勤めを終え、

6年ぶりに帰国した時、私はいわゆる「逆カルチャーショック」というものに苦しみました。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

皆さんは「カルチャーショック」という言葉はよく耳にされるのではないでしょうか。

新しい環境(主に外国)に適応できない状態を指します。

「逆カルチャーショック」というのは、

海外生活を終え、自国に戻った人が、自分の国での生活に適応できないことを言うのです。
∑(O_O;)


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

「逆カルチャーショック」は海外でも一般的に使われている言葉で、

英語では"reverse culture shock"といいます。

逆カルチャーショックについては、以前のブログで一度ふれています。

よかったら見てみてくださいね。
ヽ(=´▽`=)ノ
          ↓
「海外に出てよかったこと、よくなかった(?)こと」
http://aliceeigo.exblog.jp/13035866/

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

日本に戻ってきて何か辛かったかというと、

①気候

日本は寒い…。

暖かい国にいたので、寒さが骨身にこたえました。

外に出たくない…。

両足ほとんど全部の指にぷっくりとしもやけができ、痒いのなんのって。
(  ̄∇ ̄ ;)ポリポリ


②物価が高い

食料品も、洋服も、バス代も高い。

買い物に行くたびに憂鬱になりました。
( ̄▼ ̄|||)タカクテカエン


③公共交通機関の充実度

滞在国は、電車やバスの路線がよく整備されていたので、移動が非常に楽でした。

岡山では、どこか遠くに行こうと思えば、

高いタクシー代を払うか、自転車を延々とこがなければなりません。

(私は不器用なもので、車の運転ができないのですよ)←練習しなさい(_ _;)


④岡山は刺激が少ない

これは個人の主観によると思います。

帰国前は人口400万人の国際都市に住んでおり、街中に活気があったのに対し、

岡山が非常に静かで退屈な街に思えてしまったのです。
(● ̄  ̄●)ワガママ?


-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

私の生れ育ったところって、こんな感じだったかなぁ~。

何だか未知に世界につれてこられたような、不思議な感覚がしばらく続きました。
Σ( ̄⊥ ̄lll)ココハドコ

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*


岡山に慣れるまで数年かかりましたが、

今は仕事も楽しく毎日快適に生活しています。
o(*⌒O⌒)b

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

日本は、

・平和である、

・治安が比較的いい、

・人々が互いに親切である、

・文学、映画、音楽、ファッションなど文化が豊かである、

・社会制度が整っている、

・技術が発達している、


冷静に見れば、いいところが本当にたくさんあります。

-*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*-* -*-*-*-*-*-*-*-*-*

ともあれ、どこの国で、どういうポジションを与えられようと、

一生懸命生きることが大切なのだと感じる今日この頃です。
(*⌒∇⌒*)/ ガッツダゼ!


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

いつもアクセスしてくださり、ありがとうございます。

今日は土曜日なので、平日より少し授業数が多いです。

生徒の皆さん、一緒に頑張りましょう!
♪(* ̄∇ ̄)/


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


前回の更新では、

同じ記事を2回投稿してしまうという不手際がありました。

誠に申し訳ありませんでした。
( ┰_┰)


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

気を取り直して、

約15年ほど前、私が海外生活を送っていた頃の話を書いてみたいと思います。
o(*⌒―⌒*)o

海外の街を歩いているとたまに、

現地の人に英語で「日本人ですか」と話しかけられることがありました。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


「そうです」と答えると、

"Can we make friends?"「友達になりませんか」と言ってくるのですよ。

ひょ~!!!

ちなみに私は美女でも何でもないのですよ。
(  ̄∇ ̄ ;)/


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


海外に出たことがある方でしたら、

日本人だからということで、話しかけられたことは少なからずあるのではないでしょうか。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


それは多くの場合、アニメ、J-POP、ドラマなど、日本文化への憧れからくるものだと思います。

「日本人は穏やかだから友達になりたい」と思っている外国人も多いようです。


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


ただ!

私は「国籍で友達を選ぶというのはどうなんよ」と思っているので、

ある時から、知らない人に「日本人か」と話しかけられても

「違います」と答えるようになりました。

本当に可愛げがないですね…。
(  ̄∇ ̄; )/ゴメンナサイ~


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

でも、でも、

危険がいっぱいの海外で、見知らぬ人に国籍を正直に言う必要もないと思うのですよ。
( `・ω・´ )アブナイデスヨ!


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

それと、中には「日本人じゃありません」と言うと、

「あ、そう」とむこうに行ってしまう人もいました。
Σ( ・ω・o )/ ナンジャイナ?


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


そんな風に片意地を張っていた私ですが、

自分が東方神起のファンになると、韓国人の友達が欲しいと思うようになりました。

本当に勝手なものです。
( ̄▼ ̄|||)

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


ある日、シンガポールで一人でタクシーに乗った時、運転手さんから「日本人か」と聞かれました。

「日本人です」と答えた場合

① 「東京は物価が高い」と言われる

② 「東京のタクシー料金は馬鹿げている」と言われる

③ 谷村新司の歌を歌われる

など大体パターンが見えていたのと、その時はとても疲れていたので、

ついつい「違います」と答えてしまいました。

.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:


運転手さん   「じゃ、どこから来たの?」

私        「えっと、○○」←とっさにある近隣国の名前を言ってしまいました。
                  決して差別的な意図はありませんです!

運転手さん   「おぉ!僕には○○人のガールフレンドがいるんだ!!!」

Σ( ̄ロ ̄lll) 


.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:*・゚+.。.:

その後、運転手さんは、私にはさっぱり分からない流暢な○○語で話し続け、

ものすごく困りました。
Σ(|||▽||| )ウ~ア~

純粋にフレンドリーな気持ちで話しかけてくれたタクシーの運転手さん…。

皆さん、やはりウソはいけないということですよね。
(_ _;)


**追記です**

他のアジア諸国の台頭で、今の日本は昔ほどの勢いや人気はないのではないかと思います。

海外在住の方、そんな風に感じませんか。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)サミシイナァ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]