カテゴリ:海外生活( 38 )

こんにちは。

明日はクリスマスイブですね。皆さんは何か楽しい予定はありますか。
(〃⌒ - ⌒)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

シンガポール滞在中、

数回友人の結婚式に招かれました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


シンガポール在住の日本人同士のカップルの場合、

日本語と英語の2ヶ国語、2人の司会で進行する式もありましたが、

式そのものは、どこか日本的なスタイルだったように思います。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


印象に残っているのは、

シンガポール人の男性と日本人の女性の披露宴でした。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


披露宴は街の比較的豪華な中華レストランで行われました。

結婚パーティなのだからと、

私は少しフォーマルな格好で行ったのですが、

周りの出席者を見ると、

近所のコンビニに行くのとそう変わらない服装の人達が目立ちます。
Σ(・ω・ノ)ノ

シンガポール人はラフな格好を好むので、これもお国柄だなと思いました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

花嫁さんは日本人なのですが、

どうやら式は完全にシンガポールスタイルのようです。

私はワクワクしながら、新郎新婦の入場を迎えました。

さぁ、盛り上がるぞ!
(。>ω<)。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


しかし、正面のドアが開くと、

音楽も何もない中で、新郎新婦が会場に入ってきました。

笑顔も会釈もありません。

彼らは前方のウェディングケーキのところに行きました。

そして無表情でケーキにナイフを入れました。

ブス!
Σ(・ω・ノ)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ヘンな表現でごめんなさい。

だけど、本当に淡々としたケーキ入刀だったのです。
(  ̄∇ ̄ ;)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


なるほど。

やはり国が変われば、スタイルが違うのですね。

式の進行中も、日本の披露宴のような派手な演出はあまりなく、

出席者が食事を楽しむというスタイルでした。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


でも、最後くらい、

最後くらいちょっと盛り上がるのかな、とデザートをいただいていると、

デザートを食べ終えた人達が、

「あぁ、おいしかったなぁ。じゃ!」と言いながら、

新郎新婦に手を振って、どんどん帰りだすではないですか

∑(O_O;)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


自由解散なのですね。

これもたまげました。
Σ(|||▽||| )


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


普段街で見るシンガポール人カップルは、

高温多湿な国であるにも関わらず、

手をつなぎっぱなしであるなど、アツアツぶりが目立ちました。

しかし、披露宴があまりにあっさりしていたので、かなり意外な感じがしました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


しかし、これも文化の違いですね。

大変いい経験をさせてもらいました。
♪(* ̄∇ ̄)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!!!

今日はシンガポール在住中のお話を書かせてください。
♪(* ̄∇ ̄)/


。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



シンガポールにはよく日本の高校生が修学旅行で行っています。

彼らは街の中心部のホテルの泊ることが多く、

日本の制服を着た50~100人ほどの集団が、シンガポールの目抜き通りを歩くのです。
Σ(・ω・ノ)ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ちょっと迫力がありました。
(  ̄∇ ̄ ;)

シンガポールにも制服はありますが、

日本のものとは明らかにスタイルが違うので、かなり目立ちます。


個人的には日本の高校の制服はとても可愛いと思います。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



ある日曜日、

私はデパートの中にある、ブランドショップにふらっと入り、

商品を見ていました。
p( ̄_ ̄ ) カエナイケド



そこに日本の修学旅行生の女の子数人が、

「この店なにかなぁ?」と言いながら入ってきました。
Σ( ̄。 ̄ノ)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


スタッフの女性が

"May I help you?" と高校生達に話しかけましたが、

彼女らは無表情で何も答えません。

1分ほど店内をぶら~と一周した後、無言で店を出ていきました。
( ̄∇ ̄;)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


お店の女性もちょっとがっかりしたような表情を浮かべ、

私も残念でした。
(´_`。)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


できれば

"Thank you. Bye." だけでも言って出ればよかったのにな。
( o*・ω・ )o


英会話に慣れてない高校生だから仕方ないかもしれませんが、

勇気を出して、あいさつくらいはした方がいいと思います。


引率の先生方も、

大事な生徒が海外で犯罪に巻き込まれないなど、

他に気を配らなくてはいけないことが山ほどあると思うのですが、

(まずは安全第一ですよね)

海外に生徒をつれていく場合は、基本的な現地語の挨拶指導をした方がいいかもしれません。

特に英語圏の人達は見知らぬ人同士でも、気軽に挨拶します。
(〃⌒_⌒)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


私は

「海外(特に欧米)は進んでいるのに、日本はこういうところがダメだ」

という外国のいいところだけをかいつまんだような意見には、

たまに同調しかねることがあります。

「海外では買い物する側のマナーが浸透しているけど、日本は遅れている」

というのもちょっと違うかなぁと思うのです。
(● ̄  ̄●)ノ”


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



ただ

「郷に入らば郷に従え」です。

日本的な 「お金を払っている側が圧倒的にえらい」という態度を常に通してしまい、

海外旅行先で「傲慢な人」と思われ、十分なサービスが受けられないのは明らかに損です。

Σ( ̄⊥ ̄lll)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


接客される側のちょっとした心遣いが、

人との交流を生み、

海外生活や旅行をより思い出深いものにするかもしれません。
( o*・ω・ )o


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


ところで、海外旅行英会話本の中に、

お店で

May I help you?
いらっしゃいませ

とか

Is there anything you are looking for?
何かお探しのものがありますか。


と聞かれ、何も買う意志がなければ、


Just looking.
ただ見ているだけです。


と答えなさいと書いてあることがあります。

「ただ見てるだけよ。」てちょっとさみしいかも…。
Σ\( ̄ー ̄;) カワナイモン



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


例えば、

Could I just take a look first?
最初にちょっと見ていいですか。

なんて聞くと、

"Sure!"
どうぞ。

と明るく答えてくれると思います。
(〃⌒-⌒) ドウゾ!


ウルサイことばかり書いてすみません…。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


長くなってしまうのですが最後に、

海外の店員さんは

「売ってやっているんだ。」という態度の人が多いと言われる中、

シンガポールは違うのではないかと思います。

フレンドリーな人が多いので、

買い物で、英語の簡単な会話ができたら楽しいと思います。
♪(* ̄∇ ̄)/



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!!!

オリンピックも終盤、世界各国の選手が健闘していますね。
(〃⌒ - ⌒)ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


卓球団体女子銀メダル!おめでとう!!!

皆さん、心から嬉しそうですね。
(〃⌒_⌒)ノ

a0217661_21451937.jpg



今日もスポーツのトピックですみません…。

私がシンガポールに住んでいた時の話を書かせてもらおうと思います。
( ´ ▽ ` )ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


私はは2002年までシンガポールに住んでいました。

既に経済発展を遂げていた時期でしたが、

当時シンガポール人のスポーツに対する関心は、あまり高くなかったように思います。



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


そんな中、シンガポール代表は出場しないものの、

サッカーワールドカップだけはかなり盛り上がっていました。
♪(* ̄  ̄)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


それは多くの国民が、「サッカーくじ」 というものを買い求め、

自分の賭けた国が勝つか負けるかに、強く興味を持っていたことが原因だと思います。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


経済発展や優秀な人材育成に、長年重きを置いてきたシンガポール人の間では、

一流大学を出たということはステイタスになっても、

「スポーツができる」「楽器が弾ける」「お芝居がうまい」など、

一芸に秀でていることは、さほど評価されないような印象でした。

( o*・ω・ ) フム



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


1998年のサッカーワールドカップフランス杯を、

スポーツバーなどで熱く観戦するシンガポール人達に興味を持った私は、

失礼を承知の上で次のような質問をシンガポール人の同僚にぶつけてみました。
(● ̄  ̄●)ノ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「シンガポール人はサッカー観戦がとても好きなようだけど、

自分の国の代表にワールドカップに出場してほしいとか、

たくさんの選手団をオリンピックに送り、メダルを獲ってほしいとは思わないの?」



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



同僚は私の不躾な質問にむっとすることもなく、


「そうねぇ、シンガポールは暑い国だから、外で運動したらすぐ疲れちゃうの。

なかなかこの気候ではスポーツ選手は育たないわよね。」



と答えてくれました。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


なるほど。
(● ̄  ̄●)

しかし、日本の猛暑に比べたら、シンガポールの暑さはそれほど厳しくないと思います。

日本のように35~36℃まで気温が上がることは、ほどんどありません。

シンガポールの平均気温は、日本の真夏より、確実に2~3度は低いと思います。
( 。 ・ω・ 。 )ノ カイテキデシタ



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



多分、日本のスポ根アニメ、例えば「巨人の星」、

暑さ寒さに耐え、苦しみ抜きながら練習に励む主人公をシンガポール人に見せても、

あまり共感してもらえないかもしれません。

私は同僚の自国分析を、興味深く聞きました。
(* ̄∇ ̄*)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


経済的に余裕が出てきたシンガポールは、

スポーツ振興の意味で、卓球に力を入れているようです。

今回卓球女子団体で銅メダルを獲得しました。

シンガポールでも大きく報道されているようです。
♪(* ̄∇ ̄)/ オメデトウ!

a0217661_1931639.jpg



゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


一方、体操のナディア・コマネチさんを生み出した

ルーマニアのチャウシェスク政権は、国の威信のために体操に力を入れ、

国民は困窮していたと言います。
a0217661_194391.jpg




今回の五輪でメダルを量産している中国も、

「メダルより、国民の生活向上を。」
という声が高まっているようです。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


世界には本当に色々な国があるのですね。

メダルを獲得できる選手、その裏で涙する選手、

さまざまなお国事情がからみ合う中、大変興味深く五輪を見させてもらっています。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


それにしても、最近全然英語のことを書いていないですね。
Σ(|||▽||| )

また英語のことも書きます。

今日も長々とお付き合いくださり、ありがとうございました。
Σ\(  ̄ー ̄ ;) マタキテクダサイネ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
今日も訪問してくださり、ありがとうございます!!!

今日はタイトルの「日本人とは変わっているのでしょうか。」について、

書いてみたいと思います。
♪(* ̄  ̄)/


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


たまにTVや雑誌などで、

「外国人から見た日本人、こんな風に映っています。」

という記事や特集を見るように思います。
( 。 ・ω・ 。 )ノ



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


そこでは大体日本人とは、


・保守的である 真面目である

・群れて行動する

・Yes Noをはっきり言わない



と挙げられ、


「日本人の行動は、ときに奇異に見られることがあるので、気をつけましょう。」

と、くくられているように思います。



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


確かに日本人は島国育ちということもあり、独特の性質を持つと言えるかもしれません。

しかし、世界の日本以外の人達は皆ノーマルなのでしょうか。
(● ̄  ̄●)ノ



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私がシンガポールに住み始めた頃、大変驚いたことがあります。

それは、

多くのシンガポール人が、初対面にも関わらず、

私が住んでいるアパートの 家賃 を尋ねてきたということです。
Σ(・ω・ノ)ノ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


本当に1人や2人のことではないのです。

プライベートで知り合ったシンガポール人の実に80%くらいの人が、

互いの自己紹介の次くらいに、

「ところで、どこの地域に住んでいるの?それで家賃いくら?」と聞いてきたのです。
\(● ̄  ̄●)/



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


初めて聞かれた時は耳を疑い、

「税務署の方ですか。」と返しそうになったほどです。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


初対面の人に家賃を聞く、

世界的に見て、

変わっているといえば、変わっているのではないでしょうか。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


ところで、

シンガポール英語が独特のイントネーションや表現を持つことを受け、

シンガポール政府が 

「標準英語を喋ろうキャンペーン」 みたいなのを打ち出したことがありました。

しかし、「家賃を聞くのはやめようキャンペーン」というのを、

耳にすることはありませんでした。
\(  ̄∇ ̄ ;)/



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


相手が何人であれど、

ここはシンガポール人の国なのだから自分達流にやらせてもらう


という毅然とした政府の姿勢や国民性が、彼らから感じ取れたように思います。



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私はそれでいいのではないかと思います。

国際交流に激しい支障をきたすレベルのカルチャーギャップは困りますが、

日本人も必要以上に、外国からの目線を意識することはないのではないでしょうか。
(● ̄  ̄●) ドウオモワレマスカ?


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


それとも、日本人は元々が人目を気にする国民性なのかな。

長々と書いてしまいました。

皆さんはどう思われますか。
♪(* ̄  ̄)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです (。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!

今日も訪問してくださり、ありがとうございます。
♪(* ̄∇ ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ずっと昔、

夏のオーストラリア シドニーを旅したときのことです。

街を長時間歩き回り疲れたので、

通りかかったホテルの中にあるコーヒーショップに入りました。
(* ̄∇ ̄*) チョットフンパツ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

あぁ、喉がカラカラ、

何か冷たいものをいただこうと、

メニューを見せてもらいました。
(〃⌒_⌒) ♪


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


メニューの中に

"Ice Coffee"

というのがありました。


「あぁ、ブラックのアイスコーヒーか。いいなぁ。」

そのIce Coffeeを注文しました。
(* ̄∇ ̄*)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


でも、アイスコーヒーって

Ice Coffee じゃなくて、Iced Coffeeっていうんじゃないのかな 


と、不思議に思いましたが、

オーストラリア独自の表現か、

ネイティブでも間違えることがあるのかな(ないでしょう)と、

あまり気にせずオーダーしました。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


しばらくして

"Here's your ice coffee, ma'am." 「アイスコーヒーです。」

とウェイターさんが持ってきてくれたグラスを見て、

たまげました。
∑(O_O;)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


アイスコーヒーに、

アイスクリームの固まりが ドボッ とのっていたんです。



見るからにカロリーが高く、甘そうです。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


これが Ice Coffeeなのですね・・・。

だったらIce Cream Coffeeて書いてほしかった。
(  ̄∇ ̄ ;)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私は甘い飲み物があまり得意でなく、

Ice Coffeeを飲みほすのは、なかなか力のいる作業でした。

アイスクリームの分量があまりに多いため、ドリンクはこの上なく甘く、

喉の渇きを癒す感覚がどうしても得られず、かなりの不完全燃焼でした。
( ̄▼ ̄|||) ミ、ミズ…



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ちなみに辞書をひくと、

ice coffeeは

氷に濃い甘いコーヒーを入れ、クリームを添えたもの

(a strong sweetened coffee served over ice with cream)


と出てきました。し、知らんかった…。



私がオーダーしたものは、

ホイップクリームではなく、アイスクリームがのってました。
(* ̄  ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


皆さんは、このように海外のレストランで、

思いもよらないものが出てきたという経験はないですか。
(  ̄∇ ̄ ;)/



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!
♪(* ̄∇ ̄)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


以前、母とベトナムを旅行した時の、

あるエピソードについて、書かせてください。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


15年ほど前、観光で、

母と二人でベトナムのホーチミンを訪れました。

エキゾチックで素敵な街でした。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私達についてくれた

ベトナム人女性ガイドの日本語は、

文章の組み立て方に間違いが多かったのと、

聞き取り能力がやや足らないかなと感じられたものの、

コミュニケーションは何とかはかれるレベルでした。


私にとっては問題ありませんでした。
(● ̄  ̄●)v


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


しかし、母は

「彼女の言っている日本語が全く分からない。これでは困る。」

と言いだし、

結果、母の強い要望から、

旅行会社にお願いして、ガイドさんを変えてもらうこととなったのです。
Σ(|||▽||| ) ゴメンナサイ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私は

「数日もすれば母が彼女の日本語に慣れるのではないかなぁ。」

と思いましたが、

たった3日ほどの滞在だったので、

母の言う通りにホテルから旅行会社に電話したのでした。
p( ̄_ ̄ ) モシモシ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


外国人が喋る母国語は、人によって聞こえ方が違うのですね。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


私は、外国人が喋る母国語に対しての聞き取り能力には、

個人差があると考えています。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


例えば、同じ英国人でも、

訛った英語の聞き取りが上手い人と、そうでない人がいるように思えるのです。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


聞きとろうとする気持ちの問題もあるかもしれません。

訛りのある英語を一生懸命聞こうとする人もいれば、

「あぁ、分からないわ。」とあっちに行ってしまうタイプの人もいます。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


日本人もそうかもしれませんね。

英語で話しかけられて、逃げる人もいれば、

何とか対応しようとする人がいるなど、さまざまです。
♪(* ̄  ̄)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


自分の英語が聞き取ってもらいづらいと思っても、

必要以上には気にせず練習を続けましょう。



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


聞く側のその時のコンディションや集中力が、

聞き取りに影響していることもありますものね。
o(*⌒―⌒*)o



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!

今日も訪問してくださり、ありがとうございます!
(o ̄∀ ̄)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


先日、県外の大学に行っている生徒のYちゃんが、

教育実習のため里帰りをしているとのことで、

教室に訪ねてきてくれました。
(〃⌒_⌒)/ サンクス!


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

Yちゃんの英語は中1から見させてもらっています。

そんなYちゃんは母校の高校で、英語を教えるのだそうです。

自分の教えた生徒が、教壇に立つ。

時の流れを感じます。
(● ̄  ̄●)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


Yちゃん、2週間の実習、頑張ってくださいね!
♪(* ̄∇ ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

今日は東南アジアの英語について書いてみたいと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

私はシンガポールに滞在し、

さまざまな国の人達と英語で会話をする機会がありました。

シンガポールには多くのイギリス人、アメリカ人が住んでいますが、

彼らの喋る英語に比べ、アジアの人達の英語は、

シンプルであるような気がします。

あくまで私が感じた限りなのですが。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O



・Iやyouで始まる簡単な文型が多い。

・イディオム(熟語)の使用が比較的少ない。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


アメリカ人には通じても、

アジア人には分ってもらえなかった表現がいくつかありました。

・take after  

「似ている」という熟語です。

「それどういう意味?」と友人のマレーシア人に言われたので、

look like

「~のように見える」に言い換えて説明しました。
♪(* ̄  ̄)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


・picky eater

「好き嫌いが多い人」という意味です。

これもどういう意味かと聞かれたので、

"have a lot of likes and dislikes"

「たくさんの好き嫌いがある」

と言い換えてみました。
(* ̄∇ ̄*)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


おもしろかったのは、

look forward to ~ing

「~を楽しみにしている」

についてのエピソードです。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


I look forward to seeing you again.

「次に会えることを楽しみにしています。」

と言ったところ、

シンガポール人に

「I look foward to see you again. が正しい言い方だ。」

と直されたのです。

Σ(・ω・ノ)ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


look forward to seeing の方が正しいのですが、

シンガポールではこの表現に see のように、

原型動詞を持ってくる人にたまに会ったような気がします。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


誤ったとされるものも含めて、

世界には色々な英語表現が存在するのですね。
ヽ( ̄▽ ̄) ノ



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


シンガポール人の英語について、

えらそうに書いてしまいましたが、

シンガポールは英語教育が充実しており、

英米の大学に行くにも、学生達は全く困りません。

バイリンガル教育の賜物ですね。
( ´ ▽ ` )ノ



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!!!

お元気ですか!
(〃⌒ - ⌒)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


今日はシンガポール在住中のお話を書かせてください。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


シンガポールには

「シンガポール日本人会」というものがあります。

現地のシンガポール日本人が集い、さまざまな活動を行う会です。
(● ̄  ̄●)


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


日本人会館という立派な建物もありました。

中には図書館やホールがあり、

シンガポール人による日本語スピーチコンテストなど、

興味深いイベントも催されていました。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


会の中に

「日本人会の軽音楽部」というサークルがありました。

日本人達がバンドを組み、

1年に数回、日本人会館ホールで、演奏会を開いていたのです。
♪(* ̄  ̄)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


1度彼らの演奏会を聴きに行きました。

すると、

大人達のバンドに混じって、

中学生の男子達によって組まれたバンドが1つ出演してるではありませんか。


シンガポールには、世界有数の規模を誇る日本人学校があります。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


彼らの演奏は

荒削りかもしれませんが、

若さゆえのパワーがありました。

異国の地でバンド活動を頑張る中学生の男の子達、

客席からも温かい声援が送られていました。
(〃⌒ - ⌒)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


彼らのステージも終盤です。

さぁ、クライマックスだぁ!

そこでボーカルの男の子が日本語で叫びました。




「○○子~!日本に帰っても、オマエのこと忘れないからな!!!!!」



*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....





\(● ̄  ̄●)/



観客の多くは日本人でした。

何を言っているのか、もちろん分ります。

つまり、ボーカルの男の子は親の転勤で、日本に帰ることとなり、

そのままシンガポールに残る○○子ちゃんのことを、

いつまでも覚えているぞ、ということを、伝えたかったのでしょう。
p( ̄_ ̄ ) ワスレンゾ


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


草食系男子が多いと言われている昨今、あっぱれです。

客席にいたであろう○○子ちゃんも恥ずかしかったかもしれませんが、

うれしかったのではないでしょうか。


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


しかし、関係のない私たちは

どうリアクションしたらいいのでしょうか。
Σ\(  ̄ー ̄ ;)


2人の将来を応援すべく

真剣に拍手を送ればいいのか、

それとも、大変失礼ではありますが、笑ってしまってもいいのか、

少々困惑しました。
\( ̄∇ ̄;)/


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


シンガポールで過ごした中学時代、

彼らにとって貴重な経験となったことでしょう。

ボーカルの男の子は今25歳くらいになっていると思います。

きっと熱い大人になっているはずです。
(● ̄  ̄●)q


*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*.....*....


今日はシンガポール時代の思い出の1つを紹介させてもらいました。
♪(* ̄  ̄)/



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
こんにちは!
♪(* ̄∇ ̄)/


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



岡山市も桜の花が咲きました。

アリス・イングリッシュ・スクール近くの

西川緑道公園に並ぶ桜の木々が、美しい花を開かせています。
♪(* ̄∇ ̄)/

a0217661_17152310.jpg



∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


バーベキューをしている人達もいました。

あぁ、仲間に入りたい…。
(● ̄  ̄●) ナンチャッテ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


桜の花は好きですが、

大好きな祖母が亡くなったのが、桜の季節だったので、

今の時期は少しせつなくなります。
( ´_`。 )


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


桜の花にはもう1つ思い出があります。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


私が熱帯シンガポールでの生活を終え、

帰国したのは10年前の秋のことでした。

秋が深まり、気温が下がるにつれ、

寒さで震えあがってしまいました。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


「ウソみたいに寒い…。小さい頃は冬が好きだったのに、なぜ????

何というところに帰ってきたしまったのだろう・・・・。」


帰国した最初の年の冬は、何度も風邪をひき、

身も心もちぢこまってしまいました。

完全に体が熱帯の人になっていたのですね。
Σ(|||▽||| )


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


体調とテンションが上がりきらないまま、

久々の日本の春を迎えました。

4月のある日、

桜の木の下で、ふと上を見た時、

何重にも重なった花の荘厳なさまに息をのみました。
Σ(・ω・ノ)ノ


a0217661_17174676.jpg



「あぁ、綺麗だ。そういえば、私は四季のある日本に帰ってきたんだな。

季節の移り変わりっていいものなんだ…。」



桜の花から息吹を受けたように、前向きになれたのでした。
(*,,^-^)ノ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞



このように、花から元気をもらえることがあるのですね。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞


海外でも、桜は"sakura"で通じるほど、

日本の美しい花の象徴として、知られているようです。


∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;;:*∞*:;;;;∞

皆さんには、何か桜にまつわる思い出はありますか。
♪(* ̄  ̄)/



にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
皆さん、こんにちは!
(* ̄∇ ̄*)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私はずっと昔、オーストラリアのシドニー

短期語学留学をしたことがあります。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


シドニー近郊の4人家族の家にホームステイさせてもらい、

毎朝、バスで30分ほどかけ通学しました。
( 。 ・ω・ 。 )ノ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ある朝、朝食のためダイニングに行くと、

テーブルの上に大きなビスケットのびんが置いてありました。

ホストマザーが家族のために買ったもののようです。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


図々しいかなと思ったのですが、

「1枚もらっていいですか。学校に持っていきたいのです。」

とホストマザーにお願いしてみました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


私が通っていた英語学校は、

ランチの時間が1:30pmくらいと遅めで、

7:00am台に朝ご飯をとると、

お昼前には、おなかがギュルギュルなってしまうのでした。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


マザーから、

「困ったことがあれば何でも言って。」と言われていたので、

「授業中おなかがなって困る。」と思った私は、

ビスケットを1枚もらえないかと申し出てみたのでした。
\( ̄_ ̄ ) プリーズ


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


するとマザーから返ってきた答えは…


「今日はいいけど、私達があなたに提供するものは、

朝ご飯と夜ご飯だけなのよ。だから今日だけよ。」


大真面目な顔で言われました。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


うぅ、白人世界は契約社会と聞いていましたが、

こういうことなのですね…。

ホームステイの学生もあくまでビジネス相手。

マザーの対応は当然のことかもしれませんが、

日本人のホストファミリーなら

このように言わないのではないでしょうか。
( ̄▼ ̄|||) タブン


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


このケースは、


①オーストラリア人は大体そんな感じ

②そのホストマザーがたまたまシビアだった

③ステイ先でおやつの提供を求めた私がどうかしている

④1回甘い顔をすると、際限なく食べ物を要求する食いしん坊に見られた


さて、どれにあたるのでしょうか。
(● ̄  ̄●)


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ステイ先で優しくされること、厳しくされること、

どちらもその国が持つ顔です。

観光旅行とは違う経験ができるという点で、

ホームステイは意義深いものだと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


今日はオーストラリア留学での印象深い出来事についてでした。

それにしても、意地汚い話ですみません。
(  ̄∇ ̄ ;)


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]