2011年 07月 15日 ( 1 )

皆さん、こんにちは!!!

いつもアクセスしてくださり、ありがとうございます!!!
(⌒-⌒*)/

今日は国語力と英語力の関係について、書いてみたいと思います。


。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。


よく「国語ができない子は英語もできない」と言われますね。
∑(O_O;)


。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。


私は自分が中学生まで、これに同調できませんでした。
(・▽・*)?

なぜなら、私の英語と国語の成績に大きな開きがあったからです。

有難いことに、英語は中学ではほとんど苦労しませんでしたが、国語の成績はごく普通でした。

なので、英語と国語は全く別物だと思っていました。


。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。


しかし、高校に入り、英語の成績が下がり始めました。
(_ _;)ナント

複雑な英文法と、専門的なテーマを扱ったひたすら長い英文読解、

和訳を読んでも何が書いてあるのか分らないほどです。

国語が弱い私にとって、高校英語は中学英語とは全く別教科のような、

難解なものになってしまったのです。


高校英語を読みこなすには、日本語の力もいるんだ…。

そこで初めて、国語と英語がリンクしているということに気付きました。

(´_`。)シランカッタ。。。


。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。


また、大学入試センター試験は問題が比較的素直な上、

マークシート方式なので、ある程度取組みやすいかもしれませんが、

(それでも決して簡単ではないです)

国立二次、私立大学の入試問題は、複雑な記述問題です。

理解力に加え、日本語の文章を創作する技術も必要になってきます。


。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。


英語のレベルが高くなれば高くなるほど、国語力が影響してくるわけですね。


。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+。。+.。゚:;。+゚+。::゚。



お母様方がご自分のお子様を英語好きにしたいというお気持ちは、誰もが同じだと思います。

ただ、やはり「学問に王道なし」なのでしょうか、幼いうちから

「本や新聞を読む習慣をつける」

「作文の練習をする」

「机に向かう習慣をつける」


地道な努力が大切です。

生徒の皆さんの中で、

将来的に難しい英文を読む可能性がある方は、国語も一緒に頑張りましょうね!
o(*⌒O⌒)b


※ 
今日は大学入試の話をしましたが、

英語はどのレベルの方にとっても、おもしろいと感じる要素はあると思います。

細かい文法を習得していなくても、外国人と英会話を楽しむことは、十分可能です。
(*⌒-⌒*)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]