進行形にできない動詞

皆さん、こんにちは!

今日も訪問してくださり、ありがとうございます!
(〃⌒ - ⌒)/


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

英会話や英作文で、言葉のルールを知っておくことは大切ですね。

その中で今日は 進行形 (ing形) にできない動詞について

書いてみたいと思います。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


進行形には現在進行形、過去進行形、未来進行形などがあります。

(現在進行形)
I am reading a newspaper.
私は新聞を読んでいます。

(過去進行形)
When you called me, I was cleaning my room.
あなたが電話をくれた時、私は部屋の掃除をしていました。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

read clean は進行形にできますが、

ing形にできない動詞もたくさんあります。

主に「状態を表す動詞」 と言われているものです。

結構たくさんあるのですよ。
(● ̄  ̄●)ノ”


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

have  「食べる」の意味の時は進行形にできますが、

「持っている」や「いる」の意味の時は、進行形にできません。



○I am having breakfast.

×I am having a brother.


他にも、

want 欲しい

see 見える

hear  聞こえる  

know 知っている

belong  所属する

taste 味がする

smell 匂いがする

などが基本的に進行形にできません。



--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


これらの動詞のルールは高校文法で出てきます。

大学入試にも頻出です。

簡単な英会話は中学文法でこと足りると思いますが、

より深く勉強されたい方は、

このような高校文法参考書に目を通されてもいいかもしれません。


たくさんの種類の本が出ていますが、

どれも大体同じような内容をカバーしています。
( ´ ▽ ` )ノ

a0217661_17125998.jpg




--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


ちなみに

hear 聞こえる 

see  見える

は「状態を表す動詞」ですが、

look, watch (注意深く)見る

listen (集中的に)聞く は

「意識的な動作」と見なされ、進行形にできます。


○I am looking at the sky.

×I am seeing the sky.   → ○I see the sky.


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O


以前このブログにも書いたのですが、

hearing test は耳鼻科での聴覚テスト

listening test が聞き取りテスト


を意味します。

日本語でもヒアリングテストという言い方はあまりされなくなりましたね。


--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O--*--O

ちょっとややこしかったでしょうか。

でもこれらをマスターすることで、英文がより自然な感じになると思います。
(* ̄∇ ̄*)ノ


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです(。・ω・。)ノ
[PR]
by alice_english | 2012-09-23 00:02 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aliceeigo.exblog.jp/tb/16268538
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。