宿題をしてこない生徒

皆さん、こんにちは!

少し寒くなりましたね!
( ≧艸≦ )

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


アリス・イングリッシュ・スクールには、

さまざまな年齢の生徒が来てくれています。

小学1年生からは、毎週決まった量の宿題を出します。

大人に関しては、希望される方には宿題をお出しします。
(〃⌒_⌒)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


学校で英語が本格的に始まる

中学生以上は、比較的真面目に宿題をやってきてくれます。
(● ̄  ̄●)

しかし、小学生には若干のばらつきがあるように思います。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


小5のS君は丁寧な字で、

毎週大量の宿題をやってきます。

難しい英作文のプリントも、和英辞書をひきまくり、

1問も空けることなく、埋めてきます。
(* ̄∇ ̄*) エライ!


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


反対に、やんちゃな男の子は

「宿題?忘れちゃったぁ、あはは!」ですませようとすることもあります。

こういう時は困ります。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


「あのね、勉強は誰のためにやってるのかな」と

自宅学習の重要さをこんこんと説き、

翌週までに必ずやってくることを約束してもらいます。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


それが重なる場合は、イエローカードを出し、

それでも改まらない場合は、保護者様に連絡します。

こういう時は、己の指導力不足を猛省するとともに、

保護者様に申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
(_ _;)

生徒の皆さん、勉強は一日一日の積み重ねです。

怠ける癖をつけないようにしましょうね。
(o`・ω・´o)。*

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


以前、M君という生徒が来てくれていました。

小学5年くらいから、英語の難易度があがったせいか、

M君は、徐々に宿題を忘れてくるようになりました。

ある日、M君に宿題の提出を求めた際、

「宿題はちゃんとやったのに、家の机の上に置いてきてしまったぁ!ちくしょ~!!」

と心の底から悔しそうにするではありませんか。
Σ(・ω・ノ)ノ

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


そういった場合はあまり怒れません。

「じゃあ、来週絶対に持ってきてね」と釘をさしておきました。

しかし、M君はその翌週も

「僕としたことが!カバンに中に入れたつもりだったのに!ちくしょお~!忘れた~!」

と再び本当に悔しそうにするのです。
( ̄▼ ̄|||)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


その翌週も、同じようなことをM君が言ってきました。

さすがに、「じゃ、来週持ってきてね」とは言えません。

私はある行動に出ました。
Σ( ̄⊥ ̄lll)


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。



「ねぇ、M君の家にファックスはある?」

M君
「(?)う、うん、あるよ。」


「じゃ、家に帰ってすぐ、その忘れたプリントをここにファックスしてきてくれる?」

M君
「!?」


「うちのファックス番号言うね。」

M君
「ちょっと待って!ファックス壊れてるんだ。」


「へぇ?どう壊れてるの?」

M君
「インクがないんだ!!!」


「インクがなくてもファックスは送れます(怒)!!!!」

M君
「・・・」

゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


M君はその翌週から宿題をやってきてくれるようになりました。
♪(* ̄  ̄)/


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


子どもの性格や能力はさまざまで、

その生徒に合ったアプローチが必要だと思います。

誤った対応をすれば、英語嫌いにしてしまう可能性があります。

生徒指導に関しては、私も日々勉強ですが、

誠意を持って慎重に指導することを、

常日頃から心がけていきたいと思います。


゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O。゚。O゚。O。゚。O。゚。O。゚。


皆さん、英語を話せたり、読めたり、書けたら、楽しいですよ。

英語は大人になっても使えます。

一緒に頑張りましょうね!
(o ̄∇ ̄o)/


にほんブログ村 英語ブログ 英会話スクール・教室へ←ランキングに参加しています。1回ポチ!としていただけるとうれしいです (。・ω・。)ノ
[PR]
by alice_english | 2011-11-15 00:33 | 英語教育 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://aliceeigo.exblog.jp/tb/14006111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。